コトノハ

masaka

masaka

ピュア・トーン熱烈支持者にしてセマンティック・ウェブ族の一味

http://www.kanzaki.com/

masakaさんのコトリスト    407件中、1件-100件を表示

Postリスト(3)
Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

  1 | 2 | 3 | 4 | 5   next *

○

ドイツ語の単語/フレーズを知ってる Selig sind, die da Leid tragen / ブラームス このところドイツ・レクイエムに頭の先まで浸りっぱなし。交響曲はもちろん、室内楽も歌曲も、隙がない / ピアノは打楽器 そういう側面は確かにある。バルトークあたりだと、まさしくという感じ / 昭和女子大学 人見記念講堂 かつて主要外来オケはたいていここで演奏会を行っていたものだが、東京の音楽地図は大きく様変わりしたねぇ / 貼り付け(ペースト)は「Ctrl + V」 Xerox PARC由来の伝統あるショートカットだから、いろんな環境で(モディファイアが違ったりするけど)同じ操作が使える / aタグの属性「href」、なんて読むんだよ? usually pronounced "H-ref"ってのがいちおう通説だけど、まぁお好きなように / ハ長調 ジュピターとグレート。しかし、これが五度圏の中心になってしまった歴史は、面白いというか変というか / ページのデザインは全てスタイルシート ページという出力メディアやスタイルシート言語の定義が曖昧なので微妙だけれど、最近は配布資料をXHTML+CSSで作ることも多い / owl:someValuesFrom / 歌を聞いた後に頭に残るのは? ○曲 ×歌詞 懐かしい話題だ / 地図帳、眺めてると楽しい 地図にはロマンが詰まってるね / ト長調 マーラーの第4交響曲とかラベルのピアノ協奏曲とか、ニ長調ほど派手ではなくて、少し控えめな明るさがいいね / 趣味の欄が「読書」「音楽鑑賞」と書いてあるのは無趣味という意味 無趣味というよりも、無主張というか。「趣味の欄」とは、自分の趣味の自己確認ではなく、人に自分を知ってもらう(アピールする)場であると理解すれば、もう少し違う表現ができるかもね / トロンボーン 神々しい。シベリウス第7交響曲とか / 海外でも通用する日本語 From欄に「ありがとうございました。」と書いてMLに投稿してくる英国人に、その心は?と尋ねてみたいものだと / 連絡網はメール 電話連絡網は勘弁して欲しい / 最近の曲よりも少し古い曲を好む 中心は古典派 / 外国の人チャットしたことがある #swigとか / Stradivarius (ストラディバリウス) 今が最盛期とも言われる齢300年の銘器群。実際、ここまでのレベルでなくても、いい楽器を弾くと全く違うんだよね / OASIS OpenDocument FormatとかDocBookとか / 「ありがとう!」と「ありがとう。」は違う 電子メールのように文字だけのコミュニケーションだと、こういう使い分けの役割が相対的に大きくなる / 寝る前のおすすめ音楽はなに? バッハの伝記には「ゴルトベルク変奏曲は眠れない伯爵のために作曲された」という(ちょっと怪しい)逸話が / 悲愴と言えば ○チャイコフスキー ×ベートーヴェン オーケストラでのデビュー曲でもあり、いろいろ研究もした。題名の訳について異説もあるが、これでよし / 負けず嫌いの「ず」に、違和感。 そうそう。漱石の『坊ちゃん』にも「山嵐もおれに劣らぬ肝癪持ちだから、負け嫌な大きな声を出す」とあるように、もとは「負け嫌い」だったんだよね(否定ではなく推量や意思を表す「ず」だという説はこじつけっぽい) / とりあえずウィキペディア 文字列キーワードの「ウェブ化」のフックとしてAPI経由で / falseの読みはフォールス と書くのが近い。ファルス(笑劇)はfarce / 山手線停車駅まで1000円以内で行ける GeoOnionの新しいプロパティ_:me foaf:based_near [go:within_1000_yen ex:Yamanote_Line].なんてね / 気になったら、どこまでも調べる。 ウェブはもちろん、専門図書館から古い出版物のマイクロフィルム、手稿のファクシミリまで / (カッコ)や「カギカッコ」と同様に、“ダブルクォーテーション”をペアで使う 全角ではもちろん。半角のときは両側ともU+0022で、U+201C/U+201Dのペアにすることはまず無いな / 最近は10年前の曲でもあまり古さを感じない 100年前の曲の新しさに驚愕する日々 / 情報が嘘か真かどうかキチンと見極めている 自分の専門領域では。それ以外の真偽の判断は困難なので、通常は発信者の信頼度や、信頼できる筋の評価をもとに、自分としての判断を決めるわけだ / テッド・ネルソン 考えていることは刺激的で面白いと思う / memex 本をはじめあらゆる情報を格納して自在に引き出せる装置(MEMory EXtender)。関連部分は"trail"を設けてジャンプ可能にする。大きな影響を与えた1945年の論文As We May Thinkに登場 / NLS 人間の知性の増大を目指した元祖GUI+いろいろ。デモの記録ビデオしか見たことないけれど / 曖昧さ回避 自然言語の文を処理してオントロジーを適用するときに不可欠。Wikipediaのdisambiguationページが汎用的に使えそう / インタールード (interlude) 芝居(ludus)の間(inter)だから幕間。ここで演奏される曲はintermezzoと呼ぶことが多いけど、ブリテンあたりだとそのままinterludeだね / 路線図 ハリー・ベックのロンドン地下鉄路線図 / 「○○VS○○」という表記 ○好き ×嫌い チャイコvsキーならスky / ベン・シャーン 知人の画廊で力を入れて展示していて、印象に残った画家 / 機種依存文字 “機種依存文字”と呼ばれてきた丸付き数字とかハートなどは、今やUnicodeにもJIS X 0213にも登録されており、理解して使えば基本的には問題ない。ただ、古い文字コードしか扱えない“機種”やアプリケーションもあるので、依然として注意は必要 / クラスと言えば Class→○ Crass→× ひとつの話の中で、Javaのクラスとowl:ClassとXHTMLのclass属性を、簡潔かつ誤解のないように使い分けるのが厄介 / Hyper Estraier 十数年分の文書のインデックスを生成して利用。検索は一瞬 / Cygwin 時々ツールを試すにはこれで十分。パスを通しておくとDOSプロンプトも強力になったりして便利 / Unicode いろいろあるにせよ、コンピュータで多国語のデータを処理するための現実解なのだから、メリットを生かさなければ / Perlのutf8フラグ 正規表現でUnicodeスクリプトが使えるのは強力だけれど、思わぬところで足をすくわれる / 第九 ベートーベンの第九は、歌が入るまでが大傑作。マーラーの第九は、心底素晴らしいけど、最後まで集中して演奏するのは至難の技 / 庄司紗矢香 ノリントン指揮でのベートーベン協奏曲はとてもよかった。自発的によくあそこまで頑張った。今後が楽しみ / コルンゴルト 最近かなり再評価が進んできた感じ。交響曲は、あれこれテンコ盛りで面白かったよ / ベクタグラフィック もっとSVGが普及すればいいのに / 胡桃割人形は名作だ 国立リヨンオペラ座バレエあたりで観ると実に面白い。音楽は全曲通す方が面白いけれど、踊りなしでは冗長な部分が多いので、やはり組曲かな / ネット歴10年以上 ドッグイヤーでいえば還暦にも相当する古参には、自慢話や昔話とはまた別に、若輩に伝えておくべきこともあるはず / 8分の6拍子と4分の3拍子の違いがわかる そうだね。ブラームスの第1交響曲の序奏は、もちろんその「8分の6」で演奏してるよね? / 室内楽 贅沢な時間。仲間入りしようとして弦楽四重奏のチェロパートをコントラバスで弾くと大変なことになるわけだが

×

他人に奨められたヤツはどうもしっくりこない。本も音楽もネットも。 個別の評価値だけじゃなく、社会グラフを組み合わせて判断したいってことだね / HTMLメールの存在意義がわからない 電子メールの表現力を豊かにしてはならぬなどという理由はない。ただし、それは相手が望むときに限るべきで、勝手にHTMLメールを送りつけるのはNG / このページはただいま工事中です 工事中アイコンは「このクラス/プロパティ定義のvs:term_statusは'testing'です」の意味で使ってるけどね / 朝の番組といえば (○)ズームイン!SUPER (×)めざましテレビ、その他 今は無き名番組CNNデイブレイク / URL(URI)にASCII文字列以外が入るのは邪道 名前としてのURI(IRI)に多国語が使えるのは当然。「アドレス」として現状でどっちが使いやすいかというのは、また別の話 / 外国人男性と日本人女性のカップルは多いけどその逆は少ない気がする というのは表面的な話だけという気がする / チェイサーといえば車○ 水× ストレート+チェイサー / ケータイのメールアドレスが短い それはSPAMの餌食 / <BR> 使うなら<br />でよろしく / もうステージの上には立ちたくない 今日も立ってきたところ(いや、座って弾いたのだから、立っていたわけではないか) / お酒は好きだけど家ではめったに飲まない そうでもない / Microsoft Office 2007 2000のOutlookが残っているだけ。Office文書が送られてきたらOOoで / 「エラー。住所は全角で入力してください」「姓と名の間のスペースは全角で(略 「エラーに寛容に」はUD7原則のひとつだね / ベースは弦が4本だからギターより簡単だ 5弦ベースなら5本 / 英語でしゃべるのはカッコええ 英語ネイティブでも、カッコイイ話し方もあれば、お里が知れる話し方もあるよ / 何故肯定の記号が○で否定の記号が×なのか知っている アメリカでは、テストの答案に正解だとチェックマークが付いて、間違った部分が○で囲まれて返ってきた。 / そろそろJapanからNipponに変えませんか? 通じなければ意味なし。Unicode環境なら、日本(Japan)みたいに、漢字で書いた上で補足する方をとるな / 私はHTMLプログラマー HTMLもプログラミング言語だと強弁する人がたまにいるけど、やはり冗談としか / 検索はGoogle 検索結果の品質からGoogleを最初に試すことが多いけれど、これのみに依存するのは大変危険なこと / トルコ行進曲といえば【○モーツァルト】【×ベートーヴェン】 行進曲なら後者の「アテネの廃墟」とか第九の終楽章のマーチ。モーツァルトだとK.331のソナタより、Vn協奏曲5番の方がいかにもという感じ / 人の音楽の趣味を聞くと、その人のことがだいたいわかったような気になる。 作曲家だけでなくて演奏家の好みまで聞くと、音楽についての話が通じそうかどうかは分かるかも / 「輪舞曲」は「ロンド」と読む 大勢が輪になって踊る輪舞の仏語rondeと、同じ主題が別のテーマを挟みながら繰り返し登場するロンド形式(rondo)を混同したものと思われ。楽曲形式のロンドに近い仏語はrondeauだね / メロディーは知ってるのに曲名がわからずに悶絶 『音楽テーマ事典』には、メロディの冒頭を移動ドのドレミ…で表記して並べた「階名索引」というのが付いてるよ / 英語のoftenの発音はオフテンだと思っていた。 米国ウェブのアンケートでは/t/を発音する人が約1/3、別の調査では常に発音が1/4、時々発音が1/4。若い世代では発音派が増えているとも言われるが、拒絶派もいるので、安全運転なら無音で(いずれにしても「テ」とは言わないよ) / コーヒーに入れる生クリームを「フレッシュ」と呼ぶ バターとマーガリン以上に違うんだよね / 日本の古文は内容が今ひとつ ロゴスの世界ではないけれども、内容は豊かだと思うよ / GIFは「ぎふ」と読む Bob Berry曰く: GIF has always been pronounced "jif", since it was first released in 1987. / SQLの読み方は○「しーくる」、×「えすきゅーえる」 ess-que-elの方が普通。SQLの前身にあたる言語がSEQUELという名前だったので、それを引きずった呼び方もある / 「exe」の読み方 ○エグゼ ×イーエックスイー 拡張子なら普通は"as letters E-X-E"。続けて読むとしてもexecutableの略だからekseeで濁らないよ / カッコつけすぎて身動き取れなくなった経験 エディタが括弧の対応を教えてくれる / 最近、CDは車の中だけで聴く ということはないが、確かに室内ではFMかNMLかクラシカジャパンを聴いていることが多い / ウィキペディアは信用できないところがある 信頼連鎖としてみたウィキペディアの信用力は、他の媒体と比べて低い方ではないと思うよ。もちろん100%ではないんだけど / どちらで表記する?コンピューター→○、コンピュータ→× これはこちら。しかし、規定云々よりも書いているときの落ち着き具合で使い分けている気がする / ユーザ→○ ユーザー→× 複合語だと「ユーザインターフェイス」のように音引きなしだけど、単独だと「ユーザー」とすることが多いような。微妙なところ / 3音節以上の語尾の長音記号は省略する JIS Z 8301の規定ならそうだけど、内閣告示なら原則音引きあり。3音だと落ち着かない場合が多いから、概ね4音以上のときに略かな / 美味しんぼ 薀蓄遊びは好きにすればいいけど、なんとも不自由で偏狭な精神の方が目に付く / ワサビを醤油に溶かす男に娘をやったら娘が粗末な扱いを受けるのは目に見えている いかにも美味しそうな偏狭さ溢れる御説 / 自分の携帯サイトを開設している人は「○」 @media handheldで携帯端末にも対応 / Don't feel, think. (感じるな、考えろ) こういう凡庸な頭でっかちへのアンチテーゼが"Don't think, feel"だったわけだが、今やそれを再転倒する必要があると言いたいのかな? / パワーポイント このところプレゼンテーションはXHTML + CSS + JavaScript / nofollow nofollowは使わないけど、リンクタイプを示すrel属性は、もっと積極的に使われていい / GUI(Graphical User Interface)のことを「グーィ」と呼ぶ アメリカの業界人はそうだと思うが、よく見かけるGUI (pronounced 'gooey')という注が、逆に普通はそんな読み方しないことを示している。フランス人の掲示板でも同様の話題があって興味深かった / ガンバ (○)蹴球 (×)鼠 ガンバ=足といえばビオラ・ダ・ガンバ / 市町村名までならネット上で晒してもセフセフ 市町村といってもいろんな規模があるので、緯度経度で小数点1位(:lat "35.7")あるいはGeoOnionのwithin_3_power_8_metresレベルが適当かと / クラシックのコンサートで居眠り 自己陶酔型の遅ーい緩徐楽章を聴かされた方はお気の毒。あれは寝ても仕方ないね。でも本来は、そんな眠くて退屈な音楽ではないのです / バレエ 美しさとグロテスクさと滑稽さが同居した、異次元の世界。音楽は素敵。伴奏するのも好き / どちらの方が好き?ベートーベン(○)、モーツァルト(×) この比較は無理。ただ、本当に上手くてよく分かったメンバーが集まるなら、モーツァルトを演奏してみたい(ベートーベンなら誰でもOKという訳でもないのだけれど)

  1 | 2 | 3 | 4 | 5   next *

RSSフィード