コトノハ

...

...

since March 9, 2008

...さんのコトリスト    458件中、401件-458件を表示

Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

* prev   1 | 2 | 3 | 4 | 5  

○

羊をめぐる冒険 キキは何処かに消えてしまった。 / Top of the World looking down on creation. / 全ては在るべき場所へ There are two colours in my head. What is that you tried to say. / 循環 全ては在るべき場所へ。 / 完璧な一日 You are going to reap just what you sow. / 毎日うだるような暑さが続いています 今年の夏が終わって何もしないようで何かしてた。 / 秒速5センチメートル 明け方の街、桜木町でこんなとこに来るはずもないのに。 / 言の葉の庭 どしゃぶりでもかまわないと、ずぶぬれでもかまわないと。 / 水月 The phenomenon of moon in the water is likened to human experience. / 疲れを心の中に入れてはならない / ライ麦畑でつかまえて 僕はただそういうものになりたいんだ。 / 長く曲がりくねった道 But still they lead me back to the long winding road. / 地球は人々の寂寥を滋養として回転を続けている / Sincerely yours I use it to conclude almost all correspondence. / 上瞼と下瞼が仲良くなる / どんな時でも活路は必ずある どんな暗雲の裏も日に輝いている。 / 初心消えかかってない? 出来る限り努力する次第です。 / 電車窓の雨粒を見守る 雨の日の憂鬱。 / 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 夢の中から責任は始まる。 / ゆっくり歩け、たくさん水を飲め 歩くことはいいことだ。 / 過去の栄光を捨てたこと 過去の栄光なんて自分でも嘲笑えるよ。空回りして身動きできない。 / 座右の銘 Standing on the shoulders of giants. / 深層心理への旅 / 大人になっても宿題がある 自分で決めた課題を何ひとつ遣り残さないで望みたい。 / 可能性が僕の心の扉を叩く Potentiality knocks on the door of my heart. / 『扇風機はじめました』 梅雨の季節になりました。 / 肩の力を抜いて無心になり気持ちを鎮めてごらん あるいは生活というゲームを最後まで追求してごらん。 / 恐れるものも疑うものも何もなかった 僕らは小さな手漕ぎボートに乗って天国へ向かった。 / クジラは深夜時々、こっそりと空を泳いでいるらしい。 / ビロードのうさぎ 大切に思われたものだけが本物になれる。 / 秘密の箱に小さな宇宙を閉じ込めよう つかまえてとじこめるよ。みんなからみえないように。 / 心のシャッターを切るんだと言って、帰ってきたらほとんど忘れていた。 それでも人生は続く。オブラディオブラダ。 / よい言葉や、考えをすぐに忘れてしまうので何かに書いておく 書いたところでまた忘れる。忘却な彼方へと僕は流される。 / 悪魔は細部に宿る 神は枝葉に宿る。 / 町田リス園 リスはともだち、ウサギは眠る。 / 静かに暮らしたい No alarms and no surprises. / 近所の地理を把握していない その路地を通り抜ければ未だ見ぬ世界が待っている。 / 巨人の肩の上に立つ If I have seen further it is by standing on the shoulders of giants. / 常に何か新しいものに向かう精神が大切なのだ 巨人の肩の上に立ちながら。 / 栞がわりに、こんなもの 記憶の中に刻まれた。 / もし僕らのことばがウィスキーであったなら もちろん、これほど苦労することもなかったはずだ。 / 夜は柔らかな光があなたを包み込み明日への勇気を与える I wish forever her great happiness. Every night in your dream, I see you and feel you. / / 運命ならまた逢える? I will see you in another life when we are both cats. / 自分で決めた課題を何ひとつ遣り残さないで望みたい 登り坂の数だけ強くなれる。 / 歩き慣れた道に背を向けて走ってみよう 一度しかない人生、思うように生きてみよう。 / Boards of Canada Reach for the dead. / 脳の手帳に夢の言葉を記憶する おやすみまたいつか。 / 希望の光は僕の指のほんの少し先にある この先に夜明けが見える。 / 耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる 目をこらせば求められているものの姿が見える。 / 今いる場所から、何かが見える。 耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる。 / 私に関わった人々や私に起こった出来事を懐かしむ気持ちはいつまでも変わらない In my life I've loved them all. / 季節は流れて通り過ぎたとしても、忘れないでね私のこと 僕に関わった人々や僕に起こった出来事を懐かしむ気持ちはいつまでも変わらない。時折思い出しては追憶に耽ることだろう。 / 古い習慣は身に染み付く And old soldiers just fade away. / 毎朝同じ時間に起きる Old habits die hard. / さよなら三角またきて四角 / 雨雲を巻きとってわたあめを作る / 決して消えない光がある To die by your side is such a heavenly way to die.

* prev   1 | 2 | 3 | 4 | 5  

RSSフィード