コトノハ

...

...

そして、誰もいなくなった

...さんのコトリスト    341件中、101件-200件を表示

Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

prev   1 | 2 | 3 | 4   next *

○

反芻する / 人生はたいてい微糖である。 Just remember, the sweet is never as sweet without the sour. / 花火も見ないし祭にも行かない 今年は行かなかった。厚木の鮎祭りに行く人々を列車から見送った。 / 消える前兆 / しゃんとしなさい / うわの空 / しろくまのきもち / 真夜中にチョコレートが急に食べたくなって外に出たら、もう雨は上がり綺麗な星空が見えた / パーカーのフード程度に必要とされる。 / 羊が一匹、羊が二匹、 / 宝石の国 / 市川春子 / 猫も夢を見るのかしら / 夜空に星が瞬くように / 涙は人間の作ることの出来る一番小さな海です / ネコと和解せよ / 雨が降れば傘をさす / 今日までそして明日から / やみくろ / ハローグッバイ / 筍の煮物で冷酒を / 今年の夏に、旅行を計画している / 立ち止まることで、自分が前に進んでいたことを知ることもある / 空に消えてった、打ち上げ花火 / ライナスの毛布 / だからもっと遠くまで君を奪って逃げる 千の夜を飛び越えて走り続ける / かなしいことが うみのそこで きえるといいな / 私にはどうする事もできない / うたかた / やさしい歌が好き 群衆の中に立って空を見れば、大切なものに気付いて狂おしくなる。 / 美しい物が好き / 切り取ってよ、一瞬の光を / 月明かりの下で / 曖昧な言葉たち / 青が消えたんだ。 / 悲しみは螺旋 / 目を閉じれば蘇る / 虹の根本には宝物が埋まっている / Not Found / ワインの余韻 / 足早にならず確かめながら / お腹が痛いとき、神様に祈ってしまう / おやすみ / 白線を踏み外す / 時の流れに身を任せる / 宇宙はラズベリーの匂い / 吉高由里子 / 花のある生活。 / Bonne nuit / 7 I got seven days to live my life or seven ways to die. / ぬいぐるみを抱いて眠る / 風に吹かれて消えていくのさ / 終らない夜はいつか朝になる / 記憶の中でずっと二人は生きて行ける 雨は軈て上がっていた。 / 夏の魔物 僕の呪文も効かなかった。 / 行き場を失った風船を見かける / ネコが幸せに鳴くから / わたしを離さないで / カズオ・イシグロ 特急二十世紀の夜と幾つかの小さな進歩。 / 冷たい水を下さい / 蛍が消え去った後でも、光の軌跡は僕の中に長く留まっていた。 / 希望を捨てず、絡みあった糸をひとつひとつほぐしていく Every passing minute is another chance to turn it all around. / 縁 (えにし) / 薄紅色の桜の蔭に、ひっそりと咲く白桜 / 花は美しいと思える。 / 時間は私の意志なんかおかまいなしに、勝手にどんどん進んで行ってしまう 僕は闇の中に何度も手を伸ばしてみた。指には何も触れなかった。その小さな光はいつも僕の指のほんの少し先にあった。 / The Sounds of Silence (サウンド・オブ・サイレンス) 僕の脳に植えられた幻想の種は沈黙の音の中でじっと息を潜めている。 / 列車の車窓から変化していく風景を眺めるのが好きだ / 世界の片隅で生まれては消えてゆく / くればいいのに 振り返ることもあるけれど、立ち止まらずに歩いている。 / 頭でわかっているつもりでも、心では / The Smith 決して消えない光がある。 / 息を潜める / 雲のように風のように / 花になりたい 風を集めて空に放つ。 / 何から伝えればいいのか分からないまま時は流れた / この惑星の夜明けは美しい このろくでもない、素晴らしき世界。 / ゆっくり急ぐ ゆっくり歩き、たくさん水を飲む。 / ベイシティローラーズ / 平静を装う / 謙虚を装う / 微睡 / インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア So you want me to tell you the story of my life. / こうして私たちは別々のタイムラインを生きる / ストロベリー・ショートケーキが泣いている / Buffalo'66 せせらぎの音で踊り、柳の木陰で夢を見る。 / 甜睡 / ここではないどこかへ どこでもないところ。 / 毛布で巣を作って眠る / 通り雨 / 閉じ込められた音 / 止まっていた時計が今動き出した そして人は皆、僅かな誇りと運命を感じている。 / 旅行中に見たなんでもない景色が妙に心に残る バンクーバーのバラードインレット沿いは綺麗な景色だった。 / 感性が落ち続けている。 歳を取るにつれて失うものもある。 / とりあえず海老名 / 1、2、3、 / 二十億光年の孤独 僕は思わずくしゃみをした。 / 街灯の下で立ち止まる / 私は息をしている / 窓から外を眺める

prev   1 | 2 | 3 | 4   next *

RSSフィード