コトノハ

...

...

since March 9, 2008

...さんのコトリスト    379件中、1件-100件を表示

Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

  1 | 2 | 3 | 4   next *

○

エビスビール / 優しさだけじゃ生きていけないでも優しい人が好きなの 夢を叶えることは素敵ででも何か物足りなくなっていく。 / Is this the real life まるで地滑りに巻き込まれたかのようにこの現実から逃れることはできない。 / 気が付けば私の他に誰もいない / どうせ誰も私のことなんか見てないんだ / 変わらないでいるなんて出来ないよ誰も / 誰もいない海 / Aphex Twin Selected Ambient Works Volume II / そして眠り続けた幾億の年月を / After Dark(アフター・ダーク) 夜は漸く明けたばかりだ。次の闇が訪れるまでには未だ時間がある。 / ぷつり / そして誰もいらなくなった / 私は海を抱きしめていたい / 疑い深いあなたへ。 / いつ来てもいる人がある日いなくなる / 明日あなたがいなくなってあさって心変わりして いつか嫌いになられたら… 僕の今言った言葉が間違っていたとしたら。 / 時計の針がとまる瞬間を見たことがある クロノスタシスって知ってる? / 今日で辞めることがある / 風の匂いで季節を感じる めくらやなぎと眠る女。 / 古書店 神保町を巡る。 / 物静かな曲が好き / レディオヘッド I am the key to the lock in your house that keeps your toys in the basement. / 胸元の血管が透けて見えてる / 四月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて 何歩か歩いてから振り返った時、彼女の姿は既に人混みの中に消えていた。 / 眠りに就くか就かないかシーツの中の瞬間はいつも / 夜明けの前に夢が過去を連れてくる この先に夜明けが見える。 / 過去・現在・未来 The Past Presents the Future / 桜の季節 春が来るとこの川辺は桜がめいっぱい咲き乱れるんだ。 / ネットの海には悪魔が住んでいる / 許してよ / 傷ついても枯れないように 歩き出すから ふと自分に迷うときは風を集めて空に放つ。 / 春眠暁を覚えず / とりあえず生中の人は手を上げろ はーい ノ。 / wedgwood(ウェッジウッド) 何かひとつでも特別なものがあれば、日々がより楽しく感じられるかもしれない。 / 最近食べたお奨めのスイーツ 最近ではないのだけど、十年近く前に横浜で食べたグラマシー・ニューヨークのケーキが美味しかったことを思い出したんだ。 / ネット上で消えた人が少し気になる 遠ざかってしまった人達の事を時に考える。共に大阪の街を歩いた青年や僅かな時間だけど同じ空間を共有した仲間たち。 / 皆ー元気ですかー! 誰もいない世界の中で僕は尋ねる。 / マトリックスから抜け出したい ネットだけじゃなく交わるもの見つけよう。 / 最近じゃグラマーな娘にめっぽう弱い。 / 重なる未来 I hope our paths will cross again in the future. / 歌が頭から離れない 季節を越えてまた出逢えたら君の名前を呼んでもいいかな。その頃にはきっと春風が吹くだろう。 / 今までの人生で後悔した事は山ほどある / コトノハは終わった この場所で僕に関わってくれた人々や僕に起こった出来事を懐かしむ気持ちはいつまでも変わらない。時折思い出しては追憶に耽ることだろう。 / ステーキソース買い忘れたけど、バター醤油でいいかい? / 日常の、ちょっとした楽しいことを 楽しみにして生きている 美味いご飯を食べてお酒を飲みながらドラマを観る。好きな人たちのライブやツイートを観て心を落ち着かせる。僕らには音楽がある。 / 給料日を楽しみにしないどころか忘れる / 遠くへ行きたい 遠い太鼓に誘われて僕は長い旅に出た。古い外套に身を包み全てを後に残して。 / 遠い昔の夢を見た / 幸せになるのが人生の目標 どのような形であれ。 / 優しいユーザーでも闇に沈む場合がある / 何者も私の世界を変えることはできない Jai Guru De Va Om, Nothing's gonna change my world. / 急に寒くなりましたが、体調を崩さないようにがんばりましょう / 寒い時期の停車中に 扉を閉めて待つ電車 / グレート・ギャッツビー だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも。 / Radiohead Red wine and sleeping pills help me get back to your arms. Cheap sex and sad films help me get where I belong. / 時計仕掛けのオレンジ I was cured all right. / YEN TOWN BAND Swallowtail Butterfly / 海辺のカフカ In dreams begin the responsibilities. / 職場で孤立する / 昔のちょっとした失敗を不意に思い出してしまい、身悶えする 四六時中で神経を擦り減らしながら日々を生きている。僕は確実に長生きをしないだろう。 / 失敗した時に自分の頭を叩く / 何かの曲が、どこからともなく聴こえてくる / 自分なりに生きてきた The record shows I took the blows and did it my way. / 何かが変わりそうな予感がしてる。 / 全てはフェイク それすら。 / 最終的に音が消えていく曲 / 山がすっかり紅葉をまとい始めると、冬の足音が聞えるようだ / 冬の晴れた日、外に出たら家の中より暖かいと感じたことがある。 / 毎日香水をつける / オドルンダヨ。オンガクノツヅクカギリ。 それもとびっきり上手く踊るんだ。みんなが感心するくらいに。 / 思えば遠くへ来たもんだ / 金麦と待っているのに あなたはもう帰って来ない / 冬の澄み切った夜空は星がよく見える / 気がついたら歳をとっていた / いい夢より悪い夢のほうをよく覚えている Because strong emotions are the most memorable. / 何がゴールなんだろう。 Reach for the dead. / Que tenga un buen fin de semana... Gracias, usted también. / 来世、猫になる方法考えよう。 / 私には休息が必要だ / 人が多い所にいくと心が不安定になる / 気分が不安定になる / 要は、歳をとったんです / 自分の人生を象徴してると思う歌を一曲どうぞ チャラが唄うフランク・シナトラのマイ・ウェイ(スワロウテイルの映画で唄っていて、イェン・タウン・バンドのアルバムの中にある)。 / 気が付いたら風邪をひいていた / 冬に思う、暖かな日差しをあびたい / 帰り道に 空を見上げる / 渡辺満里奈 今月のアエラを読んだ。良い記事だった。 / ビートルズのラバーソウルが好き 珈琲も双子の女の子も好きだけど、カントの純粋理性批判は流石に読むのを諦めた。 / 太陽は僕の敵 / きっと明日はいいことがある / 様々な角度から物事を見ていたら自分を見失ってた 窓に映る哀れな男が愛しくもある。 / ピアノをベッドにして遊ぼうよ / おかしいほど何かにはまった事がある / 風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ / 誰の心にも悪魔は潜んでいる / 一日どこにも行かず、ゆっくり休んでいたい Everybody seems to think I'm lazy. I don't mind, I think they're crazy. / 紫陽花 今年は行かなかったけれど、関東に来てからは毎年時期になると小田原城に見に行っていた。 / 自分の限界がどこまでかを知るために僕は生きてる訳じゃない 痛む心に気が付かずに僕は一人になった。 / Tomorrow Never Knows 償うことさえできずに今日も痛みを抱き、夢中で駆け抜けるけれどもまだ明日は見えずにいる。 / シャンプーやコンディショナーを変えた直後に後悔する 最近、長年愛用していたサボンのものが生産中止になった。新しいものが出たとのことで試してみたのだけどあまり好きではなかった。

  1 | 2 | 3 | 4   next *

RSSフィード