コトノハ

蝙蝠

蝙蝠

蝙蝠さんのコトリスト    2737件中、801件-900件を表示

Postリスト(95)
Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

* prev ...   6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12   ... next *

○

あなたの住んでいる都道府県の“存在感のない市区町村”を教えてください。 裕福すぎて頑張って宣伝する必要もなく、呼び込もうにも土地がない飛島村はなかなかではないかと思います。 / 若者の反抗心を歌った曲と言えば?尾崎豊の卒業○7デイズウォー× TMは好きですし、本人たちも品行方正という言葉からは遠い印象はありますが、歌の世界だとそのくらいが普通な印象もあってかまだセブンデイズウォーは真面目な人の改革という印象です。 / ドナルドマクドナルドは怖いと思う ピエロという言葉が元はストーカー的なキャラクターから来ているとも聞きますが、その影響かクラウンをモンスター的な使い方をする漫画はちょくちょくある印象です。 / 名古屋の大学に入りながら、味噌カツをまずいと言い放つ関東人 多分愛知県民でもよその人には受け入れづらいものとしての認識はあると思います。こちらは好きなものを食べているだけなのでやめろと言われても知ったことではないですが。 / 味噌カツと言えば? ○豚肉 ×鶏肉 どちらも好きですが、「と言えば」ならこちらです。 / 星座を20個以上言える ×の人の中に本当に言えないのか?と思うくらいマニアックな気のする星座を挙げている人がいるのは特定の漫画か何かなのか…子供の頃図鑑で見ていろいろ解らないものもあった中で、「テーブルさん(ひらがな表記)」が何なのかは特によく友達と話していました。 / 雨と言ったら何色を思い浮かぶ? ○青、水色 ×灰色、透明 跡形もなく流されて行く愛の形 / もし、森の中でくまさんに「お待ちなさい」と言われたら、待つ? 極力目を離さないようにゆっくり後ずさり、手荷物を捨ててそちらに気を引かせるのも有効な場合も。しゃべった?幻聴です! / 目玉焼きはお箸で食べる? 他の選択肢が生活の中になさすぎて… / ドリカムの男の方の名前が分かる 他の人のコメントを見たら苗字だけも○にしている人もそこそこいるので。 / キャベツのことを「甘藍(かんらん)」とも言う 父に「甘藍って言うくらいだから昔甘かったんだよね?」と言ったら通じなくて驚いていたら単に字を認識していなかっただけでした。 / 小、中学生の頃、何かと話し掛けてくれた異性はいるかな? 珍獣的な人気はありました。 / Postしたコトに○×をつける人がなかなかこない 回答率が低くて新しくpostできないというのはへこみました。 / 夜盲症 鳥目と言っていただきたいです。 / 最近まで、間違えて使ってた言葉がある。。 微妙の捉え方が微妙です。そもそも妙というのが「たえ」の意味合いで言えば、という話になりますね。 / 最後に一つ残った食べ物でも、遠慮なく食べる。 というより一口二口残った状態でどんどん注文するので、基本残飯処理です。 / 「○○園」と聞いて5つ以上思い浮かぶ 兼六園・偕楽園・後楽園はまあ基本として、栗林公園とかいろんな公園、磯田園とかお茶屋さん、梨園のような系統で言えば果樹園の方で。 / つまらないギャグで本当に寒くなるのならドンドン言ってほしい。 駄洒落を言うのは誰じゃ? / 鶏の唐揚げ 好きですか 近年増えている印象のあるナゲットっぽいのは苦手ですが。 / あげパンが給食に出てこなかった 漫画ではちょくちょく聞いて謎の存在でした。その地域で売っている「懐かしの揚げパン」はどんな気持ちでそのフレーズを掲げているのか… / 下ネタのことをSEAMOって呼ぼう¥0 元はそのままシーモネータですし…ペヤング!(意味不明) / 2017年9月20日は小田和正が70歳、安室奈美恵が40歳の誕生日 一青窈は41、僕も同じ生年月日です。安室奈美恵は1歳違いということで認識していました。堀江由衣も生まれ年は同じですが確か年齢は止まっていたような… / 「荒らげる」の読み、「あららげる」→○、「あらげる」→× 何度か聞いていても感化は少ないものの、だんだん×に違和感が出てきました。 / 肉【にく】は音読み 「羊頭狗肉」「酒池肉林」、全てというわけではないですが四字熟語は基本音読みと思っておけばわりと分かりやすいです。 / 松阪牛の「牛」の読み○→ぎゅう ×→うし 「まつさか」か「まつざか」かも含めて、地元でも分かれていてPRのため統一する時にたまたま役所にそちら派が多くてそうしたと聞きます。 / 「近々」の読み方は、ちかぢか○ きんきん× ビジネス関連だと×も聞く印象です。 / 「常磐」の読み方で初めに思い浮かぶのは ときわ(○) じょうばん など(×) 少し遠いですが、市内に常磐中学があるので。 / 「腹痛」の読み方・・・ふくつう→○ はらいた→× 読むとなるとこちらですが、何となく「はらいた」と言うこともあります。 / 「早急」の読み方は? 「さっきゅう」→○ 「そうきゅう」→× 元々そう言っていたので今は「そうきゅう」でも正しいというのが「今はそう言わなければおかしい」というテンションになってきていることに納得できないです。要は売り言葉に買い言葉ということでしょうね。 / 『七日』の読み ○:なぬか ×:なのか 意識してというより、元はこちらだったという話を何度か聞いているうちに感化されています。 / 『音色』の読み方は? ねいろ⇒○ おんしょく⇒× 技術士とかが使うのはおんしょくという印象が若干あります。 / 「化学」の読み方→○かがく ×ばけがく 科学との区別で使わなくもないです。 / 「地デジ」の読み方。ちでじ→○ じでじ→× 父は「じでじ」と言っていました。 / 「翼」と聞いて思い浮かぶのは歌 アンダーグラフのツバサ「人は翼があれば自由になれるんですか?」というせりふから始まる歌です。 / 丸大豆醤油の「丸大豆」の意味がわかる 味噌屋で働いていたことがあるので。CMでの説明もありましたね。 / 鳥獣戦隊ライブマンのグリーンサイのネーミングセンスに度肝を抜かれた 当時小学生ながら恐ろしいまでの違和感に震えました。 / さっき「ある意味」と言いました 何か言ったような… / 小指の爪だけを伸ばす意味がわからない 鼻をほじるためという謎の説をしばしば聞きますが…いや、それはむしろ邪魔そうな気が… / ネクタイをする意味(機能・必要性)がわからない クロアチア軍が応急処置用のスカーフをおしゃれに巻いたのが由来と聞きますが、それを聞いた上でさらに目的やなぜそれが正装としての地位を手に入れられたのか釈然としないです。 / 「屠る(ほふる)」←意味知ってる? どこで何のために覚えたんだろう?という印象です。字としては屠殺と同じということでわからなくはないですが。 / 「ほっこり」を「ほっとする」という意味で使用する 本来の意味で疲れるという意味合いもあり、福井辺りではその意味が優勢だとも聞きますが、とりあえずこちらです。芋やかぼちゃの食感を表すものが多くその近辺で使われるイメージもあるので、それも何か影響は与えていそうな気がします。 / post内容が、逆の(別の)意味合いで受け取られていて凹んだことがある。 仕方ないとは思いながら、どう感じるかには波があります。 / 「上旬」「中旬」「下旬」という言葉の意味がわかっている 単純に月を10日ごとに分けて上中下としただけと認識していますが。 / 「小股の切れ上がった女」の意味がわからず、気になっている 一時期いろんな番組で取り上げられて、結局特に意味はなくどこのことともつかない雰囲気の言葉だという結論になっていたような覚えはあります。 / 「らへん」と言う言葉を使う、又は意味が分かる。(どこらへん?、最後らへん、等) ボタンの掛け違いか何かで「方言だったんだ」と思ってしまったということではないかという印象です。 / 「うるかす」の意味が分かる 冷やすのが目的ではないものの冷やかすという少し婉曲的な言葉がわりと一般的ではないかと認識しています。 / 「猪木、ボンバイエ」の意味がわかる アリ、ボンバイエ(やっちまえ)だったと聞いた覚えがあります。 / モスバーガーの「モス(MOS)」の意味を知っている 確かマウンテン・オーシャン・サンの頭文字ですね。 / (´・ω・`)ぶち殺すぞの「ぶち」の部分の意味が分かる 単純に打ちと認識していますが…

×

住んでいる都道府県で運行中の路線名を全て言える(鉄道・地下鉄) 地下鉄は何路線あったかもよくわからないです。 / コトノハユーザーが最も多そうな都道府県は、神奈川だべ? 多分同郷だと目に入りやすいというのもあると思いますが、愛知率がやけに高い印象があります。 / 47都道府県を間違えずに全てを漢字で書ける ベタに新潟とか愛媛とか。とりあえず鳥取を取鳥と書くことはもうないと思います。 / 自分の住んでいる都道府県の「市」を全部言える 尾張の方は解らないです。あま市は新しい市の中では印象が強い方ですが、長久手が市だったか町だったかとかいまだに少し考えてしまいます。 / すべての都道府県に旅行した。 したいですが実際行った方が少ないです。 / 自分の住んでいる都道府県の知事の名前を知らない 有名なので。 / 行列のできる法律相談所→○ 生活笑百科→× 時間的に仕事の休憩時間に流れていた記憶がある程度ですが、ほどよくライトにほどよくきっちり、というイメージがあります。 / ほぼ日で買い物をしたことがある ほぼ日を知らないです。手帳率がものすごいですね。腹巻きも気になりますが。 / 串カツのたまねぎが好きじゃない。 子供の頃は。今は気にはならないという程度です。食感が少し間の抜けたような印象を受けてしまうのは引っ掛かります。 / ある朝、目を覚ますと巨大な虫になっていた カトちゃんケンちゃんでパロディをやっていたのは記憶にあります。カフカの変身とかザ・フライとかいろいろあるにはあるんですかね? / クレーンに巨大鉄球を吊るして、ぶん回してビルを破壊してみたい 浅間山荘…カップヌードルでも食べながら静観します。 / 全部の都道府県の方言が分かる。 すごく好きな分野ですが他県となると、「わや」「わやくちゃ」元は枉惑が変化した近畿地方の方言とされ、愛知・岐阜・富山から西と北海道・青森の一部で使われ、青森では「すごく」という意味の接頭語に変化し、富山ではひとつ古い形の「わやく」が残っているとも、という広域の話くらいです。 / ラジオ番組で音楽をリクエストしたことがある 投稿を読んでもらったことは何度かありますが、基本的に曲をリクエストして、という感じではなかったのでリアクションばかりでした。 / 日本一有名な鉄道路線は山手線だと思う。 JR東海道本線のが使っている人口は圧倒的に多そうですが… / デニムの十二単 通常のものでもそうですが、全く動ける気がしないです。 / モノクロ映像(写真)がなぜか怖い 赤ちゃんの頃の写真もぎりぎりカラーの世代ですが、まあ見るということではそこそこ当たり前のものとして見ているので。 / モンブランといえば ○→万年筆 ×→ケーキ。 もしくは山 / 風邪や口内炎が直った日、なんだかすごく気分が良い。 いつ治ったという自覚がないです。 / 今までで一番衝撃的だった社会のニュース報道 一番は決めかねます。福知山線の救助活動をしていた人の話や、地元県であった立てこもり事件の音声、東日本大震災は正直現実離れしすぎて訳がわからない印象でしたが、聞くだけできついニュースは歳を重ねると多くなります。 / 江戸前鮨(にぎり鮨)→○ 大阪鮨(押し鮨)→× 口の中でほどけるとか出来るだけ柔らかく、ということならもはや握る必要があるのか疑問です。 / 強化系だ。 ヒソカの診断を単行本で見た印象としては操作系かなという印象です。操作系の扱いがシャルの「刺さりさえすれば勝ち」を鵜呑みにすればチート過ぎる印象ですし、どんな能力なのか詰められていない印象はあります。 / ヤカンの口からそのまま、飲む ラグビーの力水とかですかね?それこそちんちこちんだで口つけれーせんわ、という印象です。 / ピザ等のデリバリーの人にチップを渡す いわゆる心付けということで日本にもある文化というのは解るものの、どうも上流階級の話という程度の認識です。 / "真の友情"とは自分で作っていくもの?徐々に生まれてくるもの? 死ぬ時にでも「あの人といて楽しかったな」とでも思えれば、という印象です。作ろうとするといろいろ無理が出そうな印象もあります。 / カレーを美味しく仕上げる秘密の裏技を持っている。 いくつか試したことはありますが、これというのはなく気分でどれもありっちゃあり、という印象です。 / 京都議定書 日本、アメリカ、中国、カナダあたりは無理という話だった覚えが…そもそもエアコンの温度設定を上げて死人が出ていては主客転倒だろうという印象です。 / 酸っぱいものは苦手だ 果物の酸味は最近わりと好きです。ドリンクビネガーは一度試しに飲んでみたら全身に鳥肌がたって寒気と息苦しさが…身の危険を感じました。 / イチゴ(○)とナス(×)どっちが好き?って聞かれたら。どういう意味なんだろう? 比較対象が謎過ぎますね。どちらも家庭菜園のイメージがあるのでその辺の可能性もあるかもしれないです。 / 小さいころ、シングルCDに収録されてるカラオケバージョンが怖かった これは要るのか?という疑問を持ちながらその前にディスクを変えたりしていましたが、怖いというのはわかりかねます。 / 三大都市圏の事を 単に「東京」、「名古屋」、「大阪」と呼ぶ なるほど、近辺をそう呼ぶかということですね。名古屋近辺は確かに修学旅行先でどこから来たか聞かれたらあまり広げないように名古屋と言っておけと教えられると聞きますが、なにぶん三河なので尾張の「三河のくせに名古屋名乗るな」と他県の「めんどくさいな、名古屋でいいだろ」の板挟みに会いがちです。 / 三階の読み方、 ○さんがい ×さんかい 連濁の一番基本のルールで、本来は濁るということでしょうけどついこちらで。 / 「経緯」の好きな読み方は ○けいい ×いきさつ 好きということなら。 / 「言う」の読みがなは「ゆう」 多分連母音の解消によるもので、何かと組み合わせられた場合ということだろうとは思うものの気になったまま放置しています。とりあえず読みとして「いう」も「ゆう」も間違いではないですが。 / 「一日」の読み方  ○いちにち  ×いちんち 話す相手によりますね。崩して話すような中でも親と姉、友達でも数人だけこちらです。 / 薔薇を音読みできる しょうびかなと思ったら少し違いましたね。 / 質屋の読み、○しちや、×ひちや という看板が市内に二軒ほど、というだけで僕がそうなるかというとそうでもないですが。 / 「二人組」の読み方は ○ににんぐみ ×ふたりぐみ 二人羽織などの読みから「ににん」が伝統的とするのがメディアの見解のようですね。ただ、能の二人静のように古くから「ふたり」と読む例もあるはあるとのことですね。 / 自分の書く文字は『読みやすい』と言われるほうだ 「や」と「か」を書き分けられないというのは検索しても出てこないのは僕がよほどの悪筆なのか… / 「世論」の読み方は「よろん」 「世界」の「世」、「よ」だと「世の中」の「世」だから「せろん」とするのが正論ではないかと。 / コトノハに漢字をあてるとしたら? 当てはめるもなにも言之葉一択では。 / エネルギーとエナジーは、違う意味の日本語。 アイアンとアイロンだと間違いないですが、かなりぎりぎりの×な気がします。 / 「でんぼ」の意味が分かる(おじゃる丸じゃないよ) 電話ボックスが正解ということでいいんですかね?田圃のことかと思ったんですが、とりあえずそれは違いそうですね。 / 「はばげる」の意味が分かる 容量を越える「はばける」も併せてなるほどなという印象です。 / 「しなっこい」の意味が分かる 雰囲気では「しなを作る」とか「しなやか」に近いのかな?という印象です。 / 「いぼる」の意味がわかる? ぬかるみにはまるということだとこちらにも何かそういう意味の言葉があった気もしますが、とりあえずぬかるみを擬態で「じゅるじゅる」とかそれを形容詞化して「じゅるい」、あまり聞かないですが「みるい」という言葉もあるとは聞きますが肝心なそこにはまるという言葉が思い出せないです。 / 超ド級のドの意味 ドレッドノート艦のドですが、それより遥か前から西日本広域で「大」が変化したと言われる強調での「ど」があったのが引っ掛かります。一種の掛詞かな?とも思いますが。 / 地震 雷 火事 親父の親父は「台風」を意味する よく聞く話ではありますが、どうもうさんくささが拭えないです。 / 討論や議論に於いて「人それぞれ」「価値観の問題」というコメントは無意味だ それぞれの価値観を挙げて成し崩していくというのもひとつの手だと思います。 / ハロウィンの意味を知っている 北欧のお盆のような行事がアメリカで収穫祭と合わさって今のような形になって、日本ではいまいち季節感の違うかぼちゃがそのまま使われると聞きますが、意味と言われるとお盆の仮装パーティーという感じですかね? / 学生とは ○大学生を意味する言葉 ×高校生以下も含む ①学業に従事するもの②特に大学生…というのが辞書での説明で、狭義として使われはするもののあくまで代名詞的なもので本来の意味というわけではないです。 / 学ランの「ラン」の意味を知らない 実際学ランが一般的だった時代はよく聞いた話だった印象があります。

* prev ...   6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12   ... next *

RSSフィード