コトノハ

蝙蝠

蝙蝠

蝙蝠さんのコトリスト    2364件中、501件-600件を表示

Postリスト(93)
Sort : * New |  ABC
Limit: 100 | 300 | 1000

* prev   3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   ... next *

○

丸大豆醤油の「丸大豆」の意味がわかる 味噌屋で働いていたことがあるので。CMでの説明もありましたね。 / 鳥獣戦隊ライブマンのグリーンサイのネーミングセンスに度肝を抜かれた 当時小学生ながら恐ろしいまでの違和感に震えました。 / さっき「ある意味」と言いました 何か言ったような… / 小指の爪だけを伸ばす意味がわからない 鼻をほじるためという謎の説をしばしば聞きますが…いや、それはむしろ邪魔そうな気が… / ネクタイをする意味(機能・必要性)がわからない クロアチア軍が応急処置用のスカーフをおしゃれに巻いたのが由来と聞きますが、それを聞いた上でさらに目的やなぜそれが正装としての地位を手に入れられたのか釈然としないです。 / 「屠る(ほふる)」←意味知ってる? どこで何のために覚えたんだろう?という印象です。字としては屠殺と同じということでわからなくはないですが。 / 「ほっこり」を「ほっとする」という意味で使用する 本来の意味で疲れるという意味合いもあり、福井辺りではその意味が優勢だとも聞きますが、とりあえずこちらです。芋やかぼちゃの食感を表すものが多くその近辺で使われるイメージもあるので、それも何か影響は与えていそうな気がします。 / post内容が、逆の(別の)意味合いで受け取られていて凹んだことがある。 仕方ないとは思いながら、どう感じるかには波があります。 / 「上旬」「中旬」「下旬」という言葉の意味がわかっている 単純に月を10日ごとに分けて上中下としただけと認識していますが。 / 「小股の切れ上がった女」の意味がわからず、気になっている 一時期いろんな番組で取り上げられて、結局特に意味はなくどこのことともつかない雰囲気の言葉だという結論になっていたような覚えはあります。 / 「らへん」と言う言葉を使う、又は意味が分かる。(どこらへん?、最後らへん、等) ボタンの掛け違いか何かで「方言だったんだ」と思ってしまったということではないかという印象です。 / 「うるかす」の意味が分かる 冷やすのが目的ではないものの冷やかすという少し婉曲的な言葉がわりと一般的ではないかと認識しています。 / 「猪木、ボンバイエ」の意味がわかる アリ、ボンバイエ(やっちまえ)だったと聞いた覚えがあります。 / モスバーガーの「モス(MOS)」の意味を知っている 確かマウンテン・オーシャン・サンの頭文字ですね。 / (´・ω・`)ぶち殺すぞの「ぶち」の部分の意味が分かる 単純に打ちと認識していますが… / 「意味わかんない」と言われて「それは君の理解力の問題だ」と言い返したいこともある 説明力の問題である場合この言葉で聞き返すことはずいぶん少ない印象もあります。 / 目に異物が入った事がある 自転車で走っていると払っても横に避けても目を確実にロックオンしてしばらく浮遊した後突入してくるあの虫は一体… / 甲乙丙丁…の後が言える ぼだったのは何となく覚えています。木火土金水…これから確認するとして土と水が逆ですかね? / 同じ市区町村内での引っ越し 引っ越した後もしばらくは引っ越し前の友達とばかり遊んでいました。 / ○○(動物名)の△△(固有名詞)というフレーズを挙げてください 蜂のむさし / ○○(地名)の△△(人名)というフレーズを挙げてください なにわのモーツァルトみたいなことですかね? / わかめごはん○しめじごはん× しめじメインというのがいまいちイメージできないというのもありますが、ワカメご飯は給食でかなり好きなメニューでした。 / 背中や髪にゴミが付いている人を見ると、知らない人でも取りたくなる衝動に駆られる。 電車とかでずっと目の前にいられると… / 「D」を「デー」と読むと笑われるのに、「C」を「スィー」と読むと異端視される どっちだよ的な…ありがちと言えばありがちですね。 / 愛子さまも漫画を読むしゲームもしてると思う ゲームの種類を言及しなくてはすごく優雅なゲームの可能性も…まあどちらにしても無くはない気がします。 / 「鰍」は、サンマと読むと思ったことがある。 うっかり。 / 外国にも空気を読む習慣があるのだろうか? そりゃ空気だろうがなんだろうが予測はしなくては生き物として生きていけないですし。 / 「○○村」と書いて「むら」でなく「そん」と読む自治体が存在する事を知っている 沖縄の恩納村とか。結構出るかと思ったらあまり浮かばなかったです。 / 親しいを「したしい」→○ 「ちかしい」→× と読む ぱっと読むなら。ちかしいと言うと少しかしこまった場で使われるイメージです。 / 「顕著な表現」は、どの字も「あらわす」と読む なるほど / 「湖西」何て読む? ○ 「こさい」 ×「こせい」 両方ありそうですが、静岡は確かこさい市だった気がします。と、コメントして他のコメントを読んだら当然のごとく大量にそのコメントがありましたね。 / 二十世紀は『にじっせいき』と読む にじゅっせいきが容認されたというニュースを聞いているうちに逆に回帰してしまいました。 / ユーザー同士のもめごと的コメントを読むとイヤーな気分になる。 ○×をつけるのもためらいます。 / 強力粉を「きょうりきこ」と読むことに納得できていますか? 強力な粉と感じてしまったらどつぼにはまるというのはあるのかもしれないですね。 / バッハの「G線上のアリア」 「ジー線」と読む○  「ゲー線」と読む× なるほど、バッハだとドイツだったかそっちですし確かにそうなるでしょうね。 / 車やバスのなかで本を読むと 酔う 読まなくても文字を横目に数秒間見ただけで吐き気が… / 愛しと書いて「かなし」と読む 古語が沖縄(石垣?)の方言として残っているパターンですね。「かなさんどー」は響きが好きな方言のひとつです。 / 「~だキロ」を「~だけど」と読むのは無理があると思う そもそも見聞きしたことがなくて理解できなかったです。 / サラダ油は「さらだゆ」と読む 確かキャローラサラダ油サフラワーだったか、それはCMでこちらで聞いていたと思います。 / 自分が作ったコトのコメントは全部読む 読むのが大変なくらいコメントがあったらな…と思いますが。 / どちらかというとどっちによく行く? サンクス(○) セブンイレブン(×) すぐそこなので。ファミマ化してあまりどうという印象もなくなりましたが。 / コンクリートで囲まれた川はさほど汚くなくても「どぶ川」と呼ぶ 生活排水や下水が流れていて悪臭のする川というのが全くイメージがないのと、今時どぶ自体そこまで臭いイメージもないので。どぶと言うと単に側溝を表していて、それが水都と呼ばれるような例えば郡上や大垣でも「どぶの水がむちゃくちゃ綺麗」という認識になるような気がします。溝だの側溝だのという表現に堅い印象を受けるのも僕の中ではありそうです。 / 蔵書を「ぞうしょ」と読んだ奴集まれ。 ぞうじょと連濁するとかぞうしょうと渡し音の撥音添加をするとか?とりあえずネタっぽい話ですかね? / 昔売れていた人が近所で無料ライブをやっていると何とも言えない気持ちになる 無料は見たことがないですが、え?この会場って駅の高架下のあの掘っ建て小屋みたいなの?というのはありました。 / 失念の意味を知っている。 と、思ったものの失念しま…せん。 / 出典の意味を知っている。 何か罠があるということですかね? / バスに乗って若い女性の運転手だと、何だかちょっと嬉しい。 別に乗っている間顔を見るわけでもなく、声もおそらく録音でほとんど聞かないんでしょうけど何となく。 / コンセントの左右の穴の大きさが違うって知ってた? 昔の名残ですね。子供の頃からその手の番組は好きだったので、小学生の頃に聞いたような覚えがあります。 / 何年も会ってないし話した事もない好みの同級生に告白されたら付き合いますか? 慎重に話が合うかとか確認してはいきますが、40にして友達からという表現もないでしょうから付き合うという解釈にはなると思います。 / 岡崎といえば・・・○愛知県岡崎市 ×京都市左京区岡崎 岡崎市民なのでこちらですが…完全な負け戦と思っていたので本当にそれでいいんですか?という戸惑いが… / 住んでいる都道府県にある温泉を1つ挙げてみて。但しスーパー銭湯等は除きます。 湯谷温泉

×

コトノハに漢字をあてるとしたら? 当てはめるもなにも言之葉一択では。 / エネルギーとエナジーは、違う意味の日本語。 アイアンとアイロンだと間違いないですが、かなりぎりぎりの×な気がします。 / 「でんぼ」の意味が分かる(おじゃる丸じゃないよ) 電話ボックスが正解ということでいいんですかね?田圃のことかと思ったんですが、とりあえずそれは違いそうですね。 / 「はばげる」の意味が分かる 容量を越える「はばける」も併せてなるほどなという印象です。 / 「しなっこい」の意味が分かる 雰囲気では「しなを作る」とか「しなやか」に近いのかな?という印象です。 / 「いぼる」の意味がわかる? ぬかるみにはまるということだとこちらにも何かそういう意味の言葉があった気もしますが、とりあえずぬかるみを擬態で「じゅるじゅる」とかそれを形容詞化して「じゅるい」、あまり聞かないですが「みるい」という言葉もあるとは聞きますが肝心なそこにはまるという言葉が思い出せないです。 / 超ド級のドの意味 ドレッドノート艦のドですが、それより遥か前から西日本広域で「大」が変化したと言われる強調での「ど」があったのが引っ掛かります。一種の掛詞かな?とも思いますが。 / 地震 雷 火事 親父の親父は「台風」を意味する よく聞く話ではありますが、どうもうさんくささが拭えないです。 / 討論や議論に於いて「人それぞれ」「価値観の問題」というコメントは無意味だ それぞれの価値観を挙げて成し崩していくというのもひとつの手だと思います。 / ハロウィンの意味を知っている 北欧のお盆のような行事がアメリカで収穫祭と合わさって今のような形になって、日本ではいまいち季節感の違うかぼちゃがそのまま使われると聞きますが、意味と言われるとお盆の仮装パーティーという感じですかね? / 学生とは ○大学生を意味する言葉 ×高校生以下も含む ①学業に従事するもの②特に大学生…というのが辞書での説明で、狭義として使われはするもののあくまで代名詞的なもので本来の意味というわけではないです。 / 学ランの「ラン」の意味を知らない 実際学ランが一般的だった時代はよく聞いた話だった印象があります。 / 大阪弁の「いらち」の意味を知らない。 そこそこ大人になってから認識したような覚えはあります。 / 大阪弁の「ほかす」の意味を知らない。 愛知では「ほかる」「ふてる」、ごく稀に「ふちゃる」も聞く印象です。 / 長澤まさみと付き合えるなら死んでもいい 人となりをさほどしらないのは置いておくとして、死んでしまっては本末転倒なので。 / 台風が過ぎたあとの空 最近あまり台風一過のすっきり晴れ上がった空というかんじでもないことが多いような気がしますが… / 台風接近中!より怖い方は? ○雨 ×風 川の溢れるような雨は得てして台風というわけでもなかったりするイメージです。風の恐怖は大型台風なら常にある印象ですし。 / 目覚ましのアラームを15分単位で設定する そのくらいにしたいですが、機能として10分が最大なので。 / 文系(理系)なのに理系(文系)の講義の方がおもしろく感じる そもそも文系とか理系とか自体が恣意的な表現と認識していますが、それ以前に高卒には分ける必要にせまられること自体が軽い雑談程度しかなかったです。 / 「奇妙」「ぶっとんでいる」といった意味で「シュール」と言う シュルレアリスムの印象が強くなって、言うのは抵抗が出てきました。 / 「強ち」って読めないですよね 強ち見慣れないというものでもないので。 / 「子」という漢字を「ねずみ」と読む 難しいところです。十二支の子がねずみを表し、あくまで「ね」と読み、元は植物の成長の段階を表すもので、とはいうもののやはりねずみとして認識するのが一般的で、と考えると間違いともしづらいような… / いろは歌の「ゑひもせず」を「よいもせず」と読む そのままでもないですが「えいもせず」と読みます。 / 真逆を”まぎゃく”と読む事に違和感を感じる 別にまさかと字が被るとか湯桶読みとか大した問題ではないような…名代なんて被りまくりですし、湯桶はそれでもゆとうと読みますし。とりあえず普段言うのは正反対ですが。 / 「実に」を「げに」という読みとして書く(読む)ことがある そういえばそう書くと調べていたなとは思うものの、かなり記憶の片隅に追いやられていました。 / 「尚早」を「そうしょう」と打つ(読む) 知ってはいても馴染みは薄めなので、文字通り読みます。嵐のARASIの最初のところを冗談で「時期尚早」と歌ったりします。 / 上戸・・・どう読む? ○→うえど ×→じょうご 連濁はしないのでとりあえずこちらで。上戸彩は東京ですが親が西の方だったりするんですかね? / 百鬼夜行は「ひゃっきやぎょう」と読むことが多い 聞く場所が限られそうなので、集英社がそうなのかな?とも感じますが他で見聞きした記憶も結構あるのでとりあえず僕の見たところでは「こう」だったんだと思います。 / 梨 を 「ありのみ」と読む 江戸か!あたりめとかよし(葦)とか普通に使っている験担ぎの言い換えは結構あるのに、これは定着しなかったという差がなんなのかは気になります。 / 雲母を「きらら」と読む名前はDQNネームだと思う。 そもそもDQNネームというのは総じて漢字ってそういうものという印象があるので、まさにこういうことですよね、という印象です。 / 「々」←この文字一字で「クマ」と読むことにしませんか? 昔の文字でありそうと言えばありそうですね。 / 天下茶屋を「てんがちゃや」と読むことに、納得 天下だけだと確かにてんがですし、連濁は元から濁音がつくとさらにはしづらいと考えれば理解はするもののひっかかるものはあります。 / 「誘う」を『いざなう』って読むとなんとなくホラーチックに聞こえる 子守唄が何となく浮かびました。 / VS ○「ヴァーサス」「対」など意味で読む ×「ブイエス」「ヴィーエス」など文字で読む その時によってですが、とりあえずVS嵐が浮かびました。 / 7(しち)を「ひち」と読む 東では「ひ」が「し」になりがちという駄洒落のような現象が…ということでどちらかというと西でしたかね。質屋はひちやという看板は見ます。それも馴染みがないのでしちやと読みますが。 / 仁川 どっちで読む? ○→にがわ ×→インチョン もしくはじんせん、と以前は読まれていたような… / 寂しい。読むときは主に…  さびしい>○  さみしい>× わびさびがこの字なのは認識しているものの、さみしい熱帯魚とかやはり寂だろうが淋だろうがこちらのイメージです。荒れすさぶが由来と考えると、由来の方もすさむと言っていますしかなりややこしいです。 / 大阪より神戸が好き 大阪は結構好きなので。 / 大学の数が独159、英87、仏83、豪39に比べ、日本1200以上(短大含む)は多すぎると思う どこだったか「できないやつはできないんだから下層にいろ」という感じだと聞くので、最低限が上の方に設定されているのはいいことだと思います。 / 物欲番長 弱いからこその仕事への意欲を出す難しさ… / 親と一緒にお風呂に入っている もうじき入るようになるのか、とりあえず今は足腰もしっかりしているようですし、記憶もそれなりに、という印象ですが遠くはないような… / 「ここ」「そこ」「あこ」 「あっこ」が「あそこ」の変化したものなのか、この「あこ」の促音添加なのか、と考えると興味深い部分ではあります。「あこ」からのが変化しやすそうですし、「あれ」というのを引き合いに出して「あそこ」が不自然とする話も聞きます。そうするとやはり「あこ」が伝統的にありそうな気はします。ということでこれから調べて勝手にフムフムと言っています。 / プリンとカラメルの比率が逆でも、それはそれでアリだ。 一瞬ありかなとも思いましたがやはり逆まで行くと…カラメル倍増くらいならうれしい部類かもとは思います。 / マヨネーズを直接チューブから吸う人は理解に苦しむが、練乳なら解る気がする。 どちらにしてもあれは一回で飲みきるのか?そのまま蓋をしてまたしまうつもりか?というのがかなり気になります。 / 公共の場で鼻をかむことに意を介さない 欧米の人はズルズルすする方が嫌うというのはよく聞きますね。ただ、鼻をかんで紙は捨てておけばいいということになりがちなのを含めてどうも受け入れがたい印象です。 / 地下鉄を「メトロ」と言う 英だろうが仏だろうが横文字は苦手です。ただ、シルバのメトロのようには好きです。 / 違いの分かる中年と違いの分からない中年では当然に顔つきがちがういめーじ 実際中年になってみて、違いなんて概念のいいかげんさはひしひしと感じます。 / 住んでいる都道府県の花・木・鳥を知っている 花はかきつばた、鳥はこのはずくですが、木がどうしても忘れます。 / 自分の住んでいるところの都道府県名より、令制国名のほうが有名 名古屋>愛知≧尾張>三河という印象で、住んでいるのは三河です。

* prev   3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   ... next *

RSSフィード