コトノハ

蝶澤

蝶澤

浮遊して

蝶澤さんのコトリスト    54件中、1件-54件を表示

Sort : * New |  ABC
Limit: 100

○

子供に話しかけるような口調が苦手 子供相手でも苦手です / ブログを1年以上続けてる 癖だね / 雨降る日の教室ってなんだか好きだ / 「よしよし」と言って頭なでなで。したい→〇 されたい→× よしよし / 国語(現国)の教科書で妙に印象に残っている、または好きな話がある。 赤い実はじけたと、かまきりりゅうじ / 歯の治療中は ○目を開けている ×目を閉じている みんなどうしてるんだろう・・と思いつつ先生の名札とかガン見。 / 異性のレジ打ちに手をギュッと握られた事 び、びっくりしたよ(・ω・`) / 自分より年上の人を叱ったことがある ドS炸裂してしまいました / 清らかな乙女の前にしか姿を現さないというユニコーンが実在したら会うことができると思う ちびうさ!会いたいユニコーンww / 「台形の面積の公式」 学校で習いましたか? 好きでした / 1人でライブ・コンサート 1人でライブというか、ステージに達人に会いに行く感覚。その場の皆で楽しむのー / 最近の世の中はエコだエコだと騒ぎすぎだと思う ^^ / 自分の身に起きた悲劇より、他人の悲劇の方が悲しい 自分の事なら、どうせとか、所詮とか思ってるので。好きな人は幸せで居てくれ。 / Pardon? ん? / クラス替えで、同じクラスになりたかった人と1番遠いクラスになった ちなみに、勘弁してほしかった奴と同じクラスになって絶望 / 絵は  ○才能 ×努力 才能ありきの努力かと / 「古風な喋り方をするね」と言われたことがある ええ / 行列の先頭を歩くよりは最後尾を歩くほうがいい 班長じゃなくて、副班長 / 腕時計よりも懐中時計が好き 腕時計邪魔 / 休みはなにもやることがなくて暇 半分気楽で、半分淋しい / 胡蝶の夢 目覚めなどもう知りたくない / 蝶のように舞い、8時に帰る ごきげんよう / 部屋を真っ暗にして眠る 無にしてくれないと / 相手に彼氏彼女がいたら好きでも攻めない 萎える / もし何らかの罰として魔法で猫に変えられたら? 猫が好きなあの人の下へ行ってみる / 「誰とでも友達になれる」と言う人とは友達になれそうな気がしない。 誰でもいい感じがやだ / 地震があると「あーこの後に物凄いのが来て、死ぬな、うん死ぬな」と一応の覚悟をする なんか、一瞬にして悟りを開く、感じ

×

ラブレターが! ○嬉しいけど困ったなぁ ×こっ、これは罠だ! とりあえず誰か隠れてないか探す / 自分の名前を全てカタカナで表記すると ○俳優・アーティストぽい ×ただのフリガナ www / タイムマシンに乗ったら・・・○未来に行く ×過去に行く 助言しに・・・ / 靴のかかとを踏むのが好き 許せない・・ / 大声で「いらっしゃいませー!」は ○活気があっていい ×うるさい 店によるけど。連鎖してくの怖い / 本名を読み間違えられた事がある 別の読み方が出来るのって、ちょっと憧れる / 本気で怒ると?〇→怒鳴る・言葉が荒くなる×→黙ったまま・その他 本気で怒るような事をする相手とは同じ空間にいたくないので、退散したいが、出来ない場合黙る。黙るって言うか、呆れて声が出ないパターンも / あなたは近くて遠い人 遠くて近いかな / ひとりっこ きょうだいは居たほうがたのしいと思うなぁ / 彼女のバッグを持ってあげる 大丈夫です / ここ数年手紙を書いていない 時にメールより電話よりお喋りより素敵だと思う / 閉所偏好症 怖い / Perfumeはポリリズムで知った リニアモーターガール のちにこんなに売れるとは・・; / 水菜って、美味しいと思えない。 おいしい・・ / コーヒーを飲むのは眠気覚ましの目的の場合が多い 味を楽しみましょうよ / 3年たったら迎えに来るから待っててくれ お前は何様か / 1人カラオケ 淋しかったわ / どっちにロマンを感じますか? ○=地球上の未知なる神秘 ×=まだ見ぬ宇宙の果て でも発見されて欲しくない / 異性に背筋を撫でられるのわちょっとどきどきする。 どっちかというと、撫でたい・・!!! / 「やじるし」を変換すると右を指し示す→ / 私の辞書に○○という文字は無い○ はなから辞書なんて無い× 気分 / 味噌汁は ○:具が主役 ×:汁が主役 だ し / ロフトといえば 屋根裏→○ 生活雑貨店チェーン・その他→× 黄色 / 「死んだらずっと寝れるから今は寝なくていい」と言う人 意味解かりません / 「○日暇?」と用件を先に言わないで誘ってくる人 何を企んどるんだ? / 心配事やストレスがたまると食欲がなくなる 苛々こそ食にぶつけてしまう・・・・ / おそらくは永遠の別れになるであろうシチュエーションでも大抵「またね。」と言う せつないから、最近は無言で手を振って去る。

RSSフィード