ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

リハリビテーション << prev
next >> 赤子と目が合うと、何故か気まずい。

経済物理学

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 物理でPDやって金融行く人も最近多いみたいだよね。うまくやってるところは儲かってるらしい。

  • 為替とか株式などの経済現象を物理学の視点で解明しようってもの。高校生の習う微分積分で解けるとか。ただ、批判の声もあるみたい。聞いた話。僕の畑とぜんぜんちがうところ。

×
  • なんぞそれ

  • 数理経済学が自然科学のような基盤を持ちうるということ自体が信じられない。

  • 特に思い当たる学問じゃなさそうだ。

  • エマニュエル・ダーマンの「物理学者、ウォール街を往く」では、物理学的アプローチの経済現象への応用の現実的な限界についてかなり納得できる考察が書かれてる

  • 関わりたくないところ。ゼミの先生が興味を持たないことを祈る

  • 金融工学?ブラックショールズモデルがもたらしたものを考えると… 経済学と物理学共にザックリと抽象化して思考していく学問という点で何となく親和性はあるのだろうが。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
リハリビテーション << prev
next >> 赤子と目が合うと、何故か気まずい。