ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ふと気づくと、もうこんな時間(汗 << prev
next >> くにたけみゆき

信号の「青」は、正確には「緑」だと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まァ青虫も青虫って言うし

  • そう思っていた頃が懐かしい。

  • 幼いころ突っ込んでた。

  • ほんとに青いのもたまにありますね

  • 青くなってきてるよねw

  • 3型色覚の人は殊に思うらしい

  • 私も子供の頃からなんで青って言うんだろうって疑問に思ってた。

  • 良く考えると、子供は太陽を赤く描くよね。日本人の色彩感覚ってよく解らないなあ。

  • 日本人には「青」の概念が他国とは違うのですよね、今の人はどうだか知りませんが。

  • うん。でも青なんだよ

  • こういうこともあって、最近は一般的な青色になってきたらしいですね。

  • 古典的日本語では同色でしたよ青と緑。まあ、慣習という奴なので。

  • んなこたぁ誰でもわかっちょるですよ

  • そうなんだけれども、ミドリだと3文字になってしまい言い難い、アカ、アオが良い

  • 青緑だから緑で…、

  • 大昔はホントに青色だったけど、青空にとけ込むので緑に変更されたそうな。よって緑。

  • 子供の頃に誰もが抱いたであろう疑問

  • みどりと呼ぼうと努力してます

  • LED信号機も緑に見えるんだけど

  • あれを青だと教えるのはある意味宗教的

  • 昔は「青」っていう言葉自体なかったからじゃなかったっけ。青→緑は信号以外にも残ってると思うけど。でもやっぱり、正確には緑ですよね。

  • 緑になったから渡ろう!とか言ってしまうくらいに。

×
  • そうだけど、緑のことも青って呼ぶんですけど。細かい人多すぎ

  • 色彩語彙が指す対象は常に"範囲"です。分離独立後も旧宗主国の影響圏から出られません。

  • そういう突っ込みがある所為か、最近はBlueに近づけているらしい。日本語の「青」には、緑も含まれるから、「青々した芝」「青い若葉」という言い方がある。

  • 諸外国では全て“緑”では、日本では・・・、“い”や“色い”をつけるるだけで形容詞に変化するから“青”で定着した。という説がある。“黄色い”とか“赤い”とか云うけど“ミドリイ”とか“緑色い”とは云わない。だから葉っぱのことも“青葉”という言い方をする。

  • 青だなあ でもたまにすごく緑色の信号あるよね

  • 緑も青というのかと思っていました。

  • 青色発光ダイオードが普及してから普通に青くなったね。

  • どちらでもいいと思います

  • 自分は青にしか見えない

  • 青いのもあるし 緑もあおいという 正確にはとか言うのもおかしい

  • 正確にはそうですが、緑黄赤って何か収まりが悪く感じる

  • 「あお」と「あか」のほうが子供が覚えやすいんじゃないかと適当に

  • どーでもいいやー。青でも緑でも。

  • 昔はあの色が「あお」だったんだからしょうがない。

  • 私の目から見れば緑だけど。正確にはどうかしら。

  • 日本語ではいまの緑色は青の範疇、緑はもともと若葉などが生き生きとしているという形容詞(例:緑の黒髪)

  • 昔のは緑っぽかったけどな。今も偶にあるけど。

  1 | 2   next

回答したユーザ (211人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
ふと気づくと、もうこんな時間(汗 << prev
next >> くにたけみゆき