ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

歯の詰め物がガムで取れた << prev
next >> ナポリにナポリタンはない

現実世界で生きている自分を見つめるもう一人の「ワタシ」が居る。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • もしも、自分の魂が浮遊してて、やりたいこと、云いたいことがあったとして、好機が訪れて、この体に入り込めたのだとしたら。

  • 腑抜けな自分をもう一人の自分が嘲笑う

  • 悪いね。だらしなくて。

  • 離人的だが・・・まあ、そんな性格なのでしょう。

  • 現実世界でブログを更新する自分と、それを客観的に見て速攻「今の記事なし!止まれPING!」と思う「ワタシ」。

  • 「カメラで撮影した自分をもう一人の自分がモニターで見てる」って言ってる子がいた。

  • いるね。いるいる。

  • ヲイヲイ意識が離れてるぞ?

  • それは現実の自分とは違う別世界に生きる仮想人格体のようなもの。気まぐれに姿を現わしては消えていく。決して自分自身では無いと言い聞かせている。

  • ひどく悲しくて泣いているときなんかはそんな感じ。ひとつの感情に極端にとりつかれると常態に立ち戻るための指標としての冷静な自分を認識してしまう。

  • 客観的な自分はいるよ

  • もう一人の「ワタシ」とやらはさぞかし悲しそうな目をしていることだろう。「そんな目で俺を見るな!」

  • 高校生時代、分裂気味な時期があってそうゆう妄想にとらわれてた。

  • 妄想世界の僕は現実世界が私に優しくなければ優しくない程優しい世界に包まれますから

  • 自己モニタリング。

  • そう考えたら「自分って人から見たら何処にでもいる一人の人間なんだなぁ」って思えた。当たり前やけど。/今日は、道を外れそうな自分を見張る「ワタシ」。厳しい目で見ている

×
  • 現実世界で生きてないからなぁ……

  • 現実世界で生きてる自分が存在しているとは到底思えない。

  • もう少し自分を見つめた方がいいと最近思う。

  • 冷静に自己分析ができるという事はいいと思いますよ。ただ、性格は意図的に演じるものじゃありませんので。

  • 自分じゃないけど誰かいるかも

  • もう一人居る気がするんなら客観視しようとしてるけど、できてない状態だと思う。。

  • この世で一人きりのワタシ。

  • 居ればもう少し客観的な判断が下せるようになるかもしれない。

  • 「ワタシ」じゃなくて「ぼく」ならいるかもわからん

  • ナチュラルタワシに吹いた

  • 目覚めるまえにもどんないと、しんじゃうって都市伝説!

  • ほんのたまになんで×。出来るだけそういう意識も持ちたいけれど、なかなか難しい。

  • 「ワタシタチ」

  • そう。よかったね。

  • それなんて『アメリカの夜』?

  • 現実世界で生きている自分をこするもう一つの「タワシ」はない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
歯の詰め物がガムで取れた << prev
next >> ナポリにナポリタンはない