ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

一日中魚を触っていたくて寿司職人になった。 << prev
next >> コトノハ研究会

日本の総合格闘技の歴史は安生洋二のグレイシー道場破りから始まった

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「日本の総合格闘技」って言うジャンルは結局この時の流れに集約されてしまった

  • 異種格闘技戦の歴史を別にすれば、そうかもしれないねぇ。

  • 玉砕したが、少なくともこの時から活発化した印象がある

×
  • 第二次UWFとその分裂後の諸団体がルールを試行錯誤したのが土台だと思う。

  • それはよくわからないが、曙から前のめりに崩れていった気がする

  • あれは転換点にはなったかもしれないが違う

  • 始まりは、グレイシー一族に柔術を伝えたコンデコマだと思う。

  • 力道山×木村政彦 戦からだな。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
一日中魚を触っていたくて寿司職人になった。 << prev
next >> コトノハ研究会