ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

~゚y゚~<蚊をつぶせなかったときの悔しさ << prev
next >> 全ての人間が自分のようになったら、世界...

レポートの調べものをする時主に使うのは (○)インターネット (×)図書館・図書室

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 大学の図書館でパソコンでインターネットを使い、本で調べたくなったら本棚に向かい、持ってきてネットと同時平行で使う、というパターンが多い。ただしここで、×を専ら図書で調べものをするということだと仮定しておきたい。だから結局、ネットと図書どちらに頼ることが多いかと言うとネットになる。でもけっこう専門書ってネットより詳しかったり、やり分かりやすく体系だってたりするんだよね。

  • あたかも原典を読んだかのようにゴニョゴニョしてだな…

  • 両方使うけど、まずネット。

  • 図書館にいちいち行っていられない

  • ネットで適切な図書を調べて、それを図書館で借りる。

  • 論文や書籍を検索するためにインターネットを使います。ウェブページをそのまま参考文献にはしない。全てのウェブページが永続的であるとは限らないから

  • ネットで探して、図書館に行って裏づけをとってくる

  • 図書館も使うが、ネットの方が早いし手軽

  • つか両方使う。ネットだけで済むならそれで済ます。

  • まず、読みたい本を探すのにインターネット使用

  • コピー、貼り付け、手直し、提出。

  • どっちもだけど、まずはネット

  • どっちも使ってるけど、ネットを使う方が多いかな。

  • 手軽。ネットでダメなら図書館。

  • てっとりばやくてラク~。

  • とりあえずぐぐってしまう

  • どちらにもお世話になっております

×
  • ネットは本を探すために使うけど、ネットの情報を引用することは少ない。政府や行政機関に限れば信頼できる情報も多いけど、そういうのは大抵書籍化されてるし。

  • ネットは信憑性を考えなければいけませんので。

  • 図書館に入り浸る。そして関係のない本まで借りて荷物が多くなる

  • 学術的な事にはネットはまだまだ役不足。特に人文系は。

  • ネットで調べられない内容がほとんどだった

  • ネットで大まかに掴んでから大学図書館で専門書開いて篭もるってのが多い

  • 本から引用しつつ

  • 両方だけど頻度はこっちが若干多い

  • 学生時代は図書館だった。今はインターネット

  • 最初はネットで調べて、より突っ込んだ内容を調べるのに図書館へ行く。

  • インターネットであたりをつけてから図書館に行く。

  • 大学生のころ、すでにインターネットを活用していたけど、レポートに使う発想は微塵もなかった。きっと今でも使わない。図書館大好きだし。

  • 図書館〜図書館〜あと、時、でなくて とき だとおもうんじゃが。

  • 図書館かどうかはともかく、やはり、まだ、今のところは、知識修得の源は、書物ですね。

  • レポートというものをしたことがありません

  • 出典が明らかではなかったり、誤った記述があったりするので書籍に頼る。

  • ネットは専門分野だと間違いが多すぎて(というかそもそも資料がなくて)使えない。ゼミのレポートは基本的に論文読まないとできねーよ

  • 図書館行って調べて、インターネットで調べる

  • こっちで何冊か借りてきて、ネットも少し使う。

  • 単位落とそうが留年しようが面倒だから何もせんよ。 他力本願

  • 基本的に出席していれば分かるものが大半。分からなければ教科書を見る。

  • 英語の文献とか、ディスプレイで読むとくらくらする。

  • 当時はネットなかったですね。

  • レポートの調べ物にインターネットは使いません(笑

  • ネットは信用できないし、本のほうが詳しく載ってる。

  • 出典がハッキリしてないと通してもらえない。

  • 大学の専門課程レベルで、マイナーに過ぎるとこっちじゃないと無理

  • こっちかな

  • 学生の頃は、こっちだった。

  1 | 2   next

回答したユーザ (152人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
~゚y゚~<蚊をつぶせなかったときの悔しさ << prev
next >> 全ての人間が自分のようになったら、世界...