ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ものまねの決まり文句といえば、「こんば... << prev
next >> 個人を攻撃したことは一度もない。品位の...

刺殺される浅沼書記長の写真を撮る位なら少年を止めるべきだったと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • それしか能がないのは今も昔も…。どんだけ瞬間的だったのかは知らないけど…。でもコトノハユーザの9割は何のことか分からなさそう…

  • できるんならやった方がいいかな。でも咄嗟の時にはパニックになっちゃうからねえ

×
  • 写真家は写真撮るのが仕事。

  • 記者席からは間に合わないだろうと思うので、べきとまでは言わない

  • やってみたらいい。

  • 刺されるのを撮りたかった…の?

  • カメラマンは護衛ではないと思います。

  • 当時の映像を見るかぎり、何人もで押さえようとしてたけど、一瞬の出来事だった。沢木耕太郎は好きではないが「テロルの決算」は読み応えあります。

  • さとみんさんも仰っているが、豊田商事の時は子供心にヒドイと思った。

  • ロバート・キャパにも言え //でも豊田商事の永野会長刺殺事件の時はちょっとそう思わないでもなかった

  • あの、僕も経験したことがあるのですが、目の前で突然衝撃的なことが起こると人間固まってしまってまるで目の前の出来事が一瞬リアルかどうかわからなくなってしまうことがあるのです。

  • 咄嗟に壇上の人物を庇えるような立ち位置にカメラマンはいないし、それ以前に報道屋にそんな役割を求めるのは筋違いだろう。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ものまねの決まり文句といえば、「こんば... << prev
next >> 個人を攻撃したことは一度もない。品位の...