ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

天龍のタイツの履き込みの深さ << prev
next >> どちらかと言うと自分の顔は【○好き ×嫌い...

「親父の小言」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 昔の発言を思い出すと、とんでもない事を…と感じる事が多々あります。

  • 考古学者の発見。エジプトの壁画を解読「最近の若い者は なっておらん!」

  • 寺で見る(しろ/するな)集。二十歳頃だったか、「人には馬鹿にされていろ」だけが解らなかった。「親父の小言」と題を聞くと、全く疑わなかった他の全てを措いて、不納得だったこの一文が想起される。

  • 「泣き言は云うな」 家に飾ってあります。

  • この歳になって理解できる

  • 正しいこと言ってるし、変な反抗心が生まれないで聞き入れる事が出来るようになりたい。

  • 良いこと言っていると思う

  • あんまり親父っぽくない小言ばかりだったような

  • 福島県浪江町にある大聖寺(だいしょうじ)の住職である暁仙和尚が書いたもの。

  • 字体としては「みつを」をちょっと勢いよくした感じの

  • を小便しながら読む

  • あぁ、白木屋かなんかで見かけたわ

  • 床の間に額縁が飾ってある

  • 「人には馬鹿にされていろ」 はいっ

×
  • あまり言いたくように感じる

  • 言ってこないです。

  • 酒飲んだ後の父の小言は同じ事の繰り返し…

  • 弱くなった。

  • 山の天気のように機嫌の変わる人に振り回されるのはもう沢山だ。

  • 塾長の訓戒なら聞いてもいいぜ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
天龍のタイツの履き込みの深さ << prev
next >> どちらかと言うと自分の顔は【○好き ×嫌い...