ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

三顧の礼 << prev
next >> 力うどん

「一年生になったら」の歌は、矛盾してると思う。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 友達100人なんてできるか!

  • 小田島ピュー=窃盗ガチホモ極貧女装小卒ネカマ基地外のピカチュウ(http://kotonoha.cc/user/unjarag...) = 樹里(ryotsu) = くるみ☆ぽんちお(tamegoro:旧テメナコンマオ) = あべやかん(sudarabushi) = イチモツ・ダシオ(gomanbushi:旧アンポンタン) = 天誅組(gomasurikoshinkyoku) = 小泉(koizumi) の複垢自演の証拠をご覧あれwww http://kotonoha.cc/no/116595#ry...

  • そう言われれば確かに!!

  • 100人も友達作れないよ!って意味で。// 出身校は3クラスしかなかったので。

  • 友人曰く、1人だけサンドイッチ派らしい。

  • 一人だけ仲間外れなんていじめだ!

  • 友人100人作った後おにぎり100人で食べたら誰か一人除け者にされてるわけだな

  • 「100人と食べたいな」に直して解決。

  • 「100人」ねぇ・・・。

  • 小学校で1学年100人の学校はそうそう無いと思う。これも少子化の影響か・・・。

  • 山登っている間に一人犠牲になったんですよ

  • 矛盾なのかは解りませんが、そういうのは気になるタチ

  • なるほど、目の付け所が面白いですね。×の人たちのコメントもなかなか笑えます。

  • 確かに以上以下とか未満、超とか基礎的な数量把握とは矛盾してる。ハルさんの視点は面白いね。

  • そうですねー、じゃあ友達がいなかった自分は半人前で、山登っている間に親友が出来て、その子と二人で一人前、二人で一人ってことで。

  • 「友達100人できるかな?」は、自分を抜いて100人、「100人で食べたいな」は自分を入れて100人だと思う。だから、一人仲間はずれ?と、まじめに考えてしまいました。

×
  • 友達ができるということは同時に、その自分も誰かの友達であるということになるから、当該本人を数え含め百人とするものとする。 問題は特にない。

  • 小学一年生だけで富士登山をして、山頂に到達するまでに遭難者が一人だけしか出てないのはむしろ幸運なケースだって誰かが言ってた

  • 大人数のことを100人って表現してるだけでは?101人じゃ語呂が悪いし。ていうか、ただの難癖屁理屈

  • き、きっと一人おにぎりを 忘れたうっかりさんがいて、その子のことを配慮してこうなったんだよ・・・!◆ちなみに自分の小学校時代の一年生は全員で74名。言いたいことは・・・分かるよな?

  • 幼稚園児にとっては100は「いーっぱい!」なんでしょう。ていうか富士登山を6~7歳でさせないで下さい

  • 100人「以上で」食べたいという願望だから。友達100人できたらもう打ち止めって歌ではあるまい

  • 矛盾ってよりは、数の錯誤ってことばのほうが適切。あと「100人」と「ひゃくにん」とではニュアンスの違いがあるよ。富士山の上で、自分が握ったおにぎりを友達にふるまうのかもね

  • 園児のころから「100人も出来ないだろう」と考えていた

  • あーなるほど。でもやっぱり「百→たくさん」て解釈が適切かも。

  • 昔はたくさんのことを100で表しました。

  • "100人"を"百人"とすれば、1e2人(有効数字一桁)と解釈できるので、 1e2 + 1e0 = 1e2 で、百人のまま。

  • それを言ったらみもふたもない

  • 幼児や子供の歌に対して矛盾なんてコトを言ったらきりがない。用事があるので失礼します。

  • 「101人で」なんていう歌詞の方がよっぽどセンスが無い。

  • 色々な解釈、楽しいですね♪

  • 仲良く二人で半分こ♪的な解決はどうかな。 まぁたくさんの意味の百でしょうが。

  • 「100」ではなく「百」。たくさんという意味です。

  • なんか  ネタが古いwでも気付いてない人多かったんだなー

  • もし両方の100人が同じ人を指すのであれば「100人(の友達と一緒)で食べたいな」

  • あんまり面白くない

  • 「問題は何に関しての一年生かということです。」

  • 実は聴いたことがない

  • 神話には「聖数」というものがあって、これは古代の人が数えられる数の上限であったと考えられています。日本神話だと「8」です。古代の日本人にとって八以上は「数えきれないほど沢山」だった訳です。で、何が言いたいのかというと、100という数字も子供達にとって聖数みたいな物かなあと。「数えきれないほど沢山」以外の深い意味はないんじゃないかなあ、と。もちろん子供が作詞した訳じゃないけど、実際子供の頃はそうだったでしょ?

  • きまぐれな子を意識して作ったのかなあと

  • 100人の友達が乗っても!!大・丈・夫!!(イナバ)

  • 面白い視点ですね

  • そんな事言ったら、富士登山の時点で無謀だ。

  • 幼稚園児向けの歌だから、100人=沢山の友達って言う、おおまかな解釈でいいと思う。

  • 矛盾はしてないだろう、一人どっかにいちゃっただけだ、どこにいったかしらんけど

  • 友達100人できるかな(→100人はやはり無理だろう→じゃあ99人→)自分を入れて100人で食べたいな、富士山の上でおにぎりを、ぱっくんぱっくんぱっくんと♪ と、()内の葛藤が省略されている。なにせ倒置法使ってるし。

  • まど・みちおさんの詩は素敵だから…そんな事を思わないです

  • そういうのは矛盾とは言わないのでは

  • 記念写真の右上に一人四角く載ってるのが101人目の私ですよう…

  • 「100人で食べたいな」の100人は歌の前段を受けたものではなく、必ずしも「友達」とは限らない説

  • 一年生に取って100人は、数え切れないくらい沢山の人数でしかない。誤差は無視。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
三顧の礼 << prev
next >> 力うどん