ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

宝探しに行くなら… ○→誰も踏み入れたこと... << prev
next >> 別れの名所へ行って実際に別れた

よだかの星

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ヨタカやヒバリを醜いといっている時点で、ああコイツとは話あわねぇな、と。

  • 意味は異なるかも知れないけど、ビートルズのブラックバードと結びつけて希望が持てる話にすり替えている。宮沢賢治の話は悲しすぎる。

  • 名作だね。また読みたくなった。

  • 『1999年のよだかの星』

  • 「そんな刺激の強い本は読んじゃいかん」

  • 今日、図書館で読んで 泣いた。

  • 初めて読んだ幼少時に泣いた。

  • 朗読したことがあるよ。

  • 今でもまだ燃えている

  • 良い話だったような気がする

  • もうね…泣く…泣いちゃうから…!

  • 覚えては、います。…けど、近頃、何となく、『邪眼は月輪に飛ぶ』のミネルヴァのイメージと重なって・・・w

  • ひとめ見たならあとはトぶだけ

  • よだかは空へ昇っていきました

  • 小学校時代、劇をやってました…。

  • うーむ、昔読んだ時はあの釈然としないのが苦手だったけど、今読んだら変わるかな。

  • 宮沢賢治は自虐的だよな。マゾっぽい

  • 集で、読みましたねぇ

×
  • 「醜いのなら燃やしてしまおう」 同じ嘆きを

  • あれ?「よだか」?「よたか」?柳の下で袖を引くのもどっちだか分からなくなってきた。

  • ありゃ「よたかの星」という記憶がありました(うう…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
宝探しに行くなら… ○→誰も踏み入れたこと... << prev
next >> 別れの名所へ行って実際に別れた