ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

都市伝説を作った << prev
next >> リスクマネジメント

嫌いだとか言いながらもどこの国もアメリカが好き

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • アメリカのすべてがキライっていう国家元首はいないんじゃないの。

  • 確かにイランでも首都圏は結構アメリカナイズされてると聞きます。アメリカ文化に求心力があること自体は事実でしょう。

  • アメリカ文化という意味なら

  • アンディー・ウォーホルとジャクソン・ポロックとソニック・ユース育ててくれただけでぜんぶ許しちゃう

  • 抵抗できないものって、有るでしょ。

  • その国の影響力というか存在感のなせる業。何処かの新聞が言うような「アジアからの孤立」なんぞを日本が歯牙にもかけなくてよい所以でもある //反例を挙げておいでの方々に伺いたいが、では何故それらの国々からもあれほど多くの移民や難民が米国を目指す?

  • 最近はイラクやイランでもアメリカの音楽の影響やファッションなんか影響されてたり世界的にも映画なんかは良い例だよな

×
  • 北朝鮮などはどう見ても…

  • どこの国も、と言い切れるほど日本以外の国を知らないのです。

  • 好かれているのはアメリカ国民(のまっとうな人々)や彼らの生み出す文化や気風であって、国家としてのアメリカが好かれているわけではない

  • どこの国の「国民」もなのか、「政府」もなのか、それぐらいは書いてほしい

  • 好きと言うより何らかの形で関係を保たざるを得ないと言う事はあると思う。ただ文化的な影響力は少なからずあるだろう。

  • 沖縄や広島・長崎の原爆の経験がある限り、完全に好きにはなれません。(2008/11/11)

  • ・・・うーん。モンロー主義の頃ならば嫌いじゃない。だがアメリカ政府は嫌いだ。

  • 好き嫌いが混在している

  • 現在ラテンアメリカでは彼らの土地を米国の支配から解放するための左派政権が次々と誕生している。彼らがアメリカの地を愛しているという意味なら丸だが。

  • どうでしょうね。

  • アメリカ、じゃないと思う。

  • 文化と政治的なものの好き嫌いは別じゃないのかね。韓国と日本だってそういうところがあるだろう。

  • 好きも嫌いもねえよ。そもそもこのポストにおける「アメリカ」がどういう括りかが解からん。

  • アメリカ自体が好きなんじゃなくて文化に特化してでしょ。 ならそうじゃないんじゃない?

  • どこかの国はアメリカを文化的にも政治的にも心底嫌っているでしょう。

  • 嫌いだとか行ってないよー?

  • 俺は日本が好きだよ。

  • 西欧の文化が流入するのははんば強制的な面もある。流入したとしても上っ面だけとか、社会が混乱するとか

  • 好きなところと嫌いなところがあるのがふつうです

  • 少なくともキューバと北朝鮮に関しては×だろ。他にもそんな国はある。そのテのサイトを見れば解る話。

  • というわけではない

  • そしたらイラクとかどうなるんですか?あんたなにいってんの?

  • 俺はアメリカ嫌いと言ってないから趣旨から外れるが、別に自国に対してもだけど多様な要素の上に成り立ってるものに「0か1か」の答えは無理だろうよ。

  • どこの国もアメリカに依存している、なら分かるが。

  • はぁ? んな馬鹿な……。

  • 「国」を主語に「アメリカを好きか」と問われても。国民レベルで憎悪してる国はあると思います。 carrotさんに同意。

  • 政治と文化は分けて考える

  • 政治は×スポーツなど観戦の盛り上がりは○

  • 好きかは分からないけど、従わざるを得ない気がする。

  • どこの国も、ではないと思う。心底憎んでいる国はあると思う。

  • 好きか嫌いかなんてそんなに簡単にわかるの?

  • 「アメリカの音楽好き=アメリカ好き」ではないと思うの。私はアメリカ人好きだけどアメリカという国はあんまり好きじゃない。

  • そりゃ好きなところもあれば嫌いなところもあるのが普通だろ。「好き・嫌い」の二分法的発想に×

回答したユーザ
トラックバックURL:  
都市伝説を作った << prev
next >> リスクマネジメント