ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ウルキオラ… ウルキオラ・シファー(BLEA... << prev
next >> Maxといえば新幹線だ

街ですれ違う人のほとんどはこの先二度と会うことがない。そう思うと少し切ない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「そう思うと」。そんな風に試みに思ってみる事もちょっぴり、無くはない。

  • だからこそ出会いを大切にしたいものだね

  • わかる。あと、今この電車に乗ってる人たちも100年もしたらほとんどいないんだ・・とか

  • すれ違う人の顔をじっと見つめてみたり。たぶん変な奴って思われた。

  • そう思うことがここ数日あった…やっぱり話しかけておけばよかったかも。

  • そんなことを感じたこともありました。

  • 切ないというか楽しくなった。それにまた会える存在がすばらしいものに感じられた。

  • そういうことを思う時期もありました

  • それもまた、なんだな。

  • 目に付いた人とたまたま再びめぐり合ってからめぐり合えなかった人を切なく感じるようになった。

  • きっと世の中変わらず動いていくんだろうなぁ

  • 街角に立って見える人が、100年後には誰も存在しない

  • もう会えない初めての人。

  • 最近はないですが、そう思ってた時期もありました

  • 映画館だとその時会場に居た人達とバラバラになるのがかなり寂しくなる。

×
  • 一期一会という言葉はすごく好きで、大切にしてる考えでもあるんだけど、これはちょっと違った

  • 余り考えた事がなかったです。

  • 分からなくもない、ぐらいです

  • それでも二人は会えたね。

  • 互いに話し掛ける必要が生じない限りは唯の歩行物体

  • そんな大勢の人たちの中から、私の人生に関わる人は貴重な存在。

  • この先も会うことのできる大切な人たちがいるから平気。

  • 切なくはない

  • 別に意識したことも無いなあ・・・。

  • 別にそんなことは思わない

  • 姿形が変わってもずっとみんなで一つの物なんだし 目に見えなくても影響し合っていると思うから

  • そういう風には思ったことなかったです

  • そんなことで切ながってたらコトノハになんかいられないと思うけど

  • どっかでまたすれ違いそう。気付かないけど

  • 心にも無いばいばい。

  • 縁があれば また会えるよ。すれ違うだけでも縁があったんだから。

  • 別にそうでもない

  • 気づかないだけで意外と会ってるもんだ

  • その発想はなかった。人それぞれやなぁ

  • 「街」と言っても、住んでるところに近付けば近付くほど、2度以上すれ違う可能性が出てきますからねぇ・・・

  • 逆に関係を持たないということがほっとさせてくれる

  • 顔忘れてるだけで何度でもすれ違ってると思われ。人生80年

  • 考えたことないな

  • この人はこの先僕の人生に役立つ人だろうか

  • 切なくはならないかな

  • べつに何とも。それに、それはそれで面白いと思うよ。

  • むしろそれが面白いので相手のことを隈なく観察する

  • 切なくはならないなぁ

  • 意外と見かけることも

  • と、思う人は少ない、二度とあいたくねぇが、多い

  • 大切にしたいと思う

  • 俺の人生で完全に第三者なのでいいや。

  • べつに切なくはない

  • 街ですれ違う人は本当に生きた人間なのか、時々疑う。

  • 中にはこれから出会う人もいるかもしれない

  • すれ違う人からも影響を受けているものだろうかと考えたりすると何となく感謝の気持ちを想って…憎い人もきっと愛しく思えるって。

  • どこかで見た顔なんだけど・・・って、覚えていないことが多いので 申し訳ないと思う。

  • あなたにーとぉって私ー♪ ただの とおりすがーり~♪>(´д` )

  • ううんべつに

  • 近所の街なら再びすれ違う可能性もそれなりに高そうな

  • それじゃまたね おつかれさま

  1 | 2   next

回答したユーザ (138人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
ウルキオラ… ウルキオラ・シファー(BLEA... << prev
next >> Maxといえば新幹線だ