ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「おす」を変換すると「押忍」がリストの... << prev
next >> 亡命経験

レズと百合ではニュアンスが違うと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 本来の意味とか発祥はともかく、今は別々だとなんとなく私は思ってる。ゲイやBLにも言えることだけど

  • 分からない、でもどちらも美しいと思うよ

  • 百合は純粋な恋愛感情を表したもの、レズは性的関係、と解釈している。

  • 自分は違う場面で使うと思う

  • 片仮名だと何か生々しいね

  • レズって単語はAVでしか見かけない気がする…

  • 百合は差別的には使われないよね。

  • 百合はファンタジー。 漫画のせいで「なんちゃってビアン」とか変な考えの女性が増えた気がする…。

  • レズは何かこう肉々しいというか、そんな感じ。

  • 前者は男性向けというかエロが入ってるイメージ。もしくは三次と二次。

  • 百合は同人とか創作とかそんなん

  • ニコ動で知ったので百合は軽いイメージがある…

  • やはり○多いんですねw この定義論争は昔かなり見ましたよ。今も多分、決着が付かずにやってるんだろうな。それとも飽きちゃって下火かな。 自分の中では結局結論を持ちませんでした。でも未だに違ったイメージを受けるので、○回答しておきます。

  • レズは性的指向、百合はそれを美化したようなイメージ。

  • 何かが違うのだが説明ができない

  • レズは濃厚。百合は軽い感じです。

  • 百合は精神的、レズは肉体的って感じがする。

  • ニュアンスというかイメージが

  • そもそもレズって差別用語じゃなかったっけ…ビアンって呼ぶほうがいいらしいよ

  • まぁ女の子同士の恋愛、外から触ったり抱き合ったりする程度かな?レズはそれ以上、体の性的つながり?

  • 百合はなんか幸せな感じ

  • レズは生々しい感じがするが、百合は 可愛らしい。

  • 二次三次の区別に使ってます。

  • 言葉の数だけイメージがある。

  • 別物。 しかしレズって言わないで欲しい…

  • 腐女子さんが萌えられるのは百合 レズっていうと生々しいよね

  • あ、なんか自分の中ではそうかも。

  • まあね。レズって一部では差別用語になってるしね。

  • まぁ違うだろうな。

  • 百合って薔薇の猫同士の意味合いもあると思うのだ

  • 浮かべるイメージが違う。

  • ビアンとSもニュアンスが違うと思う

  • 昔はゲイと薔薇とBL・やおい・JUNE類も違うと思ってたけど、最近どうでもよくなってきた。

  • イメージする映像が違うなぁ。

  • レズは同性愛者、百合は女子高などの擬似恋愛っぽいイメージがある

  • 単純に二次と三次の違いでは?

  • んー、確かになんか違うような気がするけど、うまく説明できない。

  • ヤオイとボーイズラブくらい違いますね

  • カタカナのほうが生生しいイメージ。ゲイ薔薇同じく。

  • ホモと薔薇が違うように…。

  • 違うから言葉が違うんだ。たぶん。

  • レズは「女性同士in現実世界」で、百合は「女性同士in2次元」じゃないのかな

  • 百合にはそういう意味もあったの?

  • 百合のほうがかわいいイメージ!

  • ゆりはお花なイメージですねー

×
  • そう言う話は読んだ事あるが、正直よく解らない。百合は広い意味合いを含んでいるようにも思えるが。//大体百合は男性同性愛の薔薇族の対比語として伊藤文学氏が提唱したものなので違いはないはずだが。

  • 百合ってのも白々しいがそう言えば最近は白白とは言わないのか。

  • レズと百合は近い感じがするけど、ビアンはなんとなく違う感じ

  • 意味は同じでしょ?

  • そうだったんだ。

  • よくわからないな・・・。ニュアンスって言葉自体もだけど。

  • 百合って百合ヶ丘しか知らねェんだけど。

  • 耽美さの度合いかな?。…なんか○に行きづらい

  • 表記の違いだけだと思ってた

回答したユーザ (126人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
「おす」を変換すると「押忍」がリストの... << prev
next >> 亡命経験