ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

悪人が小さくなって芝刈り機に巻き込まれ... << prev
next >> 何だかんだ言って世の中善人なんか居ないよな

批判は、本当に間違いを正したいのではなく、嗜虐的趣向によって行われることが多い

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 誰かを引きずり降ろして自分が良い目を見るため?

  • 間違いを正したいなんてえらそうな事は考えてないかもね。

  • 相手をぐちゃっと潰したいだけだが、それが何か?

  • そもそも円滑に目的を達成しているのを見たことが無い。いずれにしろ大概にして自己満足に終わるのでしょう?

  • 煽るのが楽しいのでしょう。見る側としても楽しいときがあります。

  • そうだね。で、何が問題なんだ。

  • 批判と嗜虐がセットになってることが多いよねw 本当に正したいのなら、相手や状況に応じた的確な表現が必要。ただ、毒舌キャラ気取って、自己満足してる奴が多い気がする。(すべてそうだとは言っていない)

  • そう感じることはたしかにある。特にネット上では多い気がする。

  • そういう人もいると思うよ、たまに言い過ぎ(書き過ぎ)て中傷と間違えられそうなのも

  • 他人を批判することで、自分がその人よりも偉く大きな存在になったような、そんな気分を味わうためだけに行われているのでしょう。

  • 最初はそうじゃないんだけど、やり込めてすっきりした瞬間にハッとする。

  • だからうちのHP、批判駄目なんです

  • そんな面もあるんだろうと思うよ。何にも知らない人が、別に違法でもなんでもないのに、違法じゃないんかって批判していた例を聞いたことがあるんだもん。

  • ネット上では特にその傾向が顕著だね。だって相手のことよく知らないんだから導き諭すなんて高尚な考えはないよなー。

  • 批判される大概のものは、正しい答えなんてないような気がする。

  • 批判と中傷の区別が付いてない人が多い。

  • 批判なんて結局個人的な見解だから、嗜虐的趣向って言葉が正しいかわからんけど、そうなるのは当然の気がする。

  • 多いかは別として、そういう奴はいる

  • みんな大好きゴシップってそういう観点だよね。

  • 漫画のパクリ検証サイトを読んだときに似たような事思ったことがある。最後廃業にまで追い込んだのには呆れた。あんたらの目的はターゲットを追い詰めて楽しむことでしょ?って。

  • そうねー相手を傷つける目的でする人もいるねー、でもそれはただのいやがらせだね

  • 確かにそれを批判とは言わないが、最近では批判と誹謗中傷の区別が出来ていない人が多い気がする

  • おれもそう思うけど批判の批判するとまた批判されるんだよな(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャと顔文字を使ってみる

×
  • 批判された側の言い訳にしか聞こえない。それは批判というよりも文句とか叩きかな。批判の意味をはき違えてる人が多いのは確かなんだけど。

  • いわゆる島国根性。井の中の蛙とも言う。情に流された合理性無き批判は、自らに跳ね返ることは歴史的にも実証されている。批判は冷静で着目点・問題点を明確にしながら、その克服には何が必要なのかを道筋をつけるべきもの。これって多くの日本人が一番苦手なこと。

  • 好きか嫌いかで言うと眠い

  • 正したいというよりむしろ斥けたい意向が強かったりします。

  • それは「非難」。 批判=人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。

  • 間違いを正すにとどまる批判をあまり見たことがない

  • それに基づく場合があることは否定しない

  • そうとは限らない。多くもないと思う

  • すみません。頭働いてないからコメントパス。

  • 意見批判と人格攻撃を何故分別しないんだ。これを言う人間こそ正に「嗜虐的な批判者」そのものですね。

  • 自己満足もありよ。

  • ごめん。今、眠くて考えられないです…

  • そういうことも多いと思うが、実際の動機まではよくわからない。

  • うーん…それは批判じゃなくて中傷かも

  • 正したいのではなく、までは○なんだけどそれ以降はそうとは言えない

  • そういうのがあるのは確かだけど、多いかどうかの判断はつきかねるな

  • 動機など全くもってどうでもよい。当を得ているか否かのみが重要。批判に対する反駁についても然り

  • ただ単に「それは嫌い」という感情に後付けで理屈をくっつけただけという人が一番多いように思える

  • …そりゃ、自分の意見が絶対間違ってない自信があるなら平気な顔しますよ。でも絶対なんてないから、指摘も受け入れるようにしてます。

  • どっちでもいいけど、素直に受け入れてみたらどうですか?

  • 間違いを見るとつっこみたくてしょうがないというお節介のようなものだと思います。または知能自慢

  • わかんないー 罪を憎んで人を憎まずタイプだから(最近ずれ気味)

回答したユーザ
トラックバックURL:  
悪人が小さくなって芝刈り機に巻き込まれ... << prev
next >> 何だかんだ言って世の中善人なんか居ないよな