ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

暴走族を見るとバイクが可哀そうに思える << prev
next >> 宮崎と言えば ○駿 ×勤

線路を渡るときは、運転席の窓を開けて耳を澄ます

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ビビりですから。

  • 車のときはチョットは開ける。

  • 指差し確認と一緒で、ちょっとだけでも「開ける」って動作を自発的にやることで、なんにもないときでもきちんと意識して注意できるようになります。

×
  • 音楽はとめるが。

  • 教習所では今でも そう教えているのでしょうね。 卒業以来 やったこと無いです。

  • たいがい5cm程度は窓を開けて走行している。/教習所で習っていた時、真冬の強風の日、「このクソ寒い日にいちいち窓なんか開けなくていいよ!」と言った教官(あからさまに元やん)がいた。

  • 習っても、実践することはない・・・ 窓が開いてるときは別だが

  • そもそも原付だし。/笑い飯のネタっぽい。

  • 教習所で習うんだよね

  • 徒歩なので運転席も窓もありません。

  • あんまり実践できてないわ

  • しなくなりつつある…。

  • 窓を開ける程度にしますね。 教習所で『豪雨でも窓を開けるんですか?』と質問したら『当然だ』と言ってました。開けたらビショビショになりますよ・・・。なので、現在はドアバイザー装備です。

  • 窓開けて耳を澄まさないと聞こえない人間に免許が取れるのか?まったく聞こえない人間がやる意味あるのか?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
暴走族を見るとバイクが可哀そうに思える << prev
next >> 宮崎と言えば ○駿 ×勤