ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

男女兼用と聞くと松尾伴内さんを思い出す << prev
next >> しーんとしたところが好き

どこにでもあるどこかに行きたい。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ここからちょっとだけ逃げ出したい。

  • 行けばそれが「どこか」になる。(こんな詩があったような‥)

  • 日常が非日常になる。

  • 全くもってその通りです。そして「道路を走る」という行動に帰結する。結局自転車に乗ってるのはそういうことなんだと思う。

  • どこにでもある宇宙に行きたい月に行きたい

  • むしろ「どこかへ行ってしまいたい」

  • いつもアタシにあるのにそれは遠くて

  • 「ああ、行きたいな」「いいコトだな、これ」

  • 雛見沢とか、行きたい。173あってもなくてもいい。

  • どこかわからないけど つねに どこかへいきたい

  • 日本のどっかに行きたい。

  • そんなときの"どこか"ってみんなそれぞれイメージを持っているんじゃないかな?僕はあります

  • 植物園とかいいよ

  • なんとなく行きたくなる

  • 高速道路のパーキングエリア 喫茶店 地方都市の駅の上のホテル

×
  • 行きたいとこは、どこにでもないんだ。

  • 何処にでもない其処に行く

  • なんとなくわかる。行きたいなって思うんだけど考えて、考えて、結局行かない。

  • どこにでもあればどんなに良かったか。それとも間抜けな僕が見落としてるだけか?

  • ここではないどこかへ。

  • 行ってら~

  • どこかにはいきたいけど・・・

  • どこにもないどこかに行きたいです

  • 行ってらっしゃい。

  • 今はここにいたい。

  • そう簡単には行けないところに行きたい。

  • 上越市は上越市だけだろう!(意味不明)

  • 京都は京都にしかないのです

回答したユーザ
トラックバックURL:  
男女兼用と聞くと松尾伴内さんを思い出す << prev
next >> しーんとしたところが好き