ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

給料が上がったのに貯金ができない << prev
next >> 親友の様々な成功を素直に喜べる。

普通にマンガを読んでる・知ってるだけでオタクか。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「糞☆すた」「糞宮ハルヒの憂鬱」「糞おん」を読むのはオタクの証。

  • けっ、ベルクトと結婚したいって言っただけでオタクか。・・・そうか。

  • 最近は何でもオタクらしいな。そんなんだったら、恥じる事は何もないのは尚更!

  • 単に無趣味なだけな人もいるから、仕方ないんでない?漫画だけでないジャンルでも知識が豊富だとドン引きされることがある。

  • 海外じゃそうらしいな

  • 悲しいかなそれがマジョリティです

×
  • 知名度の高い漫画のタイトルを知っているだけでオタクという事はないかと…

  • オタクをバカにしながら漫画を読んでる人は世の中にごまんといる

  • ということはクエチュイオは無能の低学歴か。拙者と同じ(にわか)だな。オタク=高学歴エリートの世の中だからな。↑のぴよぴよは例外。ぴよぴよは低学歴ニートだからな。

  • そもそもオタクの線引きが分からん

  • ちょっとした事ですぐオタク呼ばわりしてくるパンピーの鬱陶しさったらないわ。

  • それに異常なまでの愛情を感じている人がオタクです

  • とにかく、自分の関心事以外を必死になって全面否定する人間は、かなりの「情報弱者」なんでしょうねw。

  • そうなるとほぼ国民全員が

  • 結局、オタクかどうかってその人の外見で、第三者が決めつけてるだけのような気がする。

  • グッズとかをたくさん持ってたらかな

  • どの程度まで精通してれば「オタク」たり得るのかにも拠るが、「漫画に縁遠い人」からすればそうだろうな

  • 違うと思う。でもそういうこと言う人いるよね

  • 漫画に限った事じゃなくちょっと知ってる、興味がある程度でオタク認定はどうかと思う。

  • 境界線はわかんないけど、同人誌に手を出したらオタクだと思っている。

  • 漫画を読む程度じゃオタクじゃないよ

  • アニメのヲタが必死になって仲間だと思いこもうとする姿は痛々しい

  • それだけでオタクと決め付けられちゃ、日本の人口の大多数がオタクって事になるよ。

  • なんかそういう風に決め付ける人嫌いなんよ。

  • 違う。オタクには濃度と情熱と…続かなかった

  • 勘違いしないでくれぇぇ。まぁ、自分はオタクだが

  • バリバリスポーツする人でもマンが読んでるしね。

  • 新聞の4コマで…(笑)

  • どっからがおたくなのかという話ですね

  • 漫画なんて読まなそうな女の子も実は結構読んでたりしますよ

  • 違うと思う。問題なのは「普通」の概念が一人一人で違っていることにあるかと。

  • もっと 海よりも深く 山よりも高いのだ

  • 虹と現実の区別が付かなくなるとあうあう

  • 普通にローゼン読んでるだけなのにな。

  • まだそれだけではオタクとは言えないと思う。

  • 個人的には、熱く語ってこそオタだと思う

  • それだとオタクじゃない人しらない

  • そう思ってる人たまにいるよね

  • 漫画は好きだけど、オタクと呼ばれる程造詣も深くない。けど一般からしたら充分オタクなんだろうなあ

  • それを言ったら日本にはどれだけのオタクがいるのだろうか。

  • 漫画にもよるけど大抵の漫画ではそう判断するのは可笑しいと思う。 とりあえず普通に深夜以外にやってるアニメの漫画ならおk

  • そんなことはない。ジャンプ漫画しか読まない人間は決してオタクと認めん。

  • 私なんてまだまだ序の口だと思う。オタクっていうのはねえ!

  • もしそうなると、マンガ読んでる人みんなオタクになるんじゃ?

  • それだったら友達が殆どオタクになってしまう。

  • そんなわけないべ

  • だって今ドラマの原作とか半分以上マンガでしょ?

  • 普通ってどのくらいなんだろ。

  1 | 2 | 3   next *

回答したユーザ (330人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
給料が上がったのに貯金ができない << prev
next >> 親友の様々な成功を素直に喜べる。