ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

歌を歌う時【○アーティストを歌い方を真似... << prev
next >> 自分を動物に例えるとすれば・・

護憲派・・・○ 改憲派・・・×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 日本が今後とも亜米利加の属国のような形であるならば、改憲する必要はないのかな……と。

  • 9条に関してだけはこっち。逆に27条第1項の義務に関しては×。

  • どんな経緯であれ、自分達で作った憲法であるのに、60年足らずで時代に合わないとして改憲するのか。そんなにころころ変えるのが憲法なら法律と変わらない。

  • どこを改めるのか明文化されないとねえ

  • 自分自身に危害が及ばないのをいいことに、テロとの戦いだの国際貢献だの言っても説得力ありません。

  • 勿論、変えるべき所をキチンと検討して頂ければ構わないんですがね…。まず何処をどう変えるかはっきりして頂かないと。9条もそうだけど、どう変えられるか分かってない以上容認する気にはなれない。

  • 護らなきゃいけないから、憲法じゃないの?議論は大いにするべきだと思うけどね

  • 戦争は、いらないぞー まぁ、変えた方がいいところもあるけどね

  • 解釈しだいでどうにでもできるんだから、わざわざ改憲する必要ない。

  • 改憲=戦争と言っても過言では無いからなぁ。

  • もし今の解釈が成り立ってないというならそれは憲法違反してることになってしまう。

  • 解釈で粘りたい。戦争放棄や国民主権によって、日本人は随分守られてきたと思うんだけど。

  • どのみち改憲は無理

  • 改憲はいずれは止むを得ないと思うが何とかギリギリまで自衛隊は解釈合憲で粘るだけ粘る。いやもう無理かな。

  • ただし、条文の現代語へのアレンジなどには賛成。ムリな解釈で捻じ曲げられるよりはマシだろ。

  • 憲法のドコを変えるかで変わる。国民の権利と戦争放棄以外なら。

×
  • 時代にそぐわない箇所は変えるべき。あと前文が日本語としておかしいのでそこも何とかしてほしい

  • こっちは絶対手を出しませんって言ってるのがまずい。だからたかられる。そもそも前文がメルヘンすぎる。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して我らの安全と生存を保持しようと…」アホかと。GHQのせせら笑いが聞こえてきそうだ。

  • 現実に即した憲法に変えていくべきであり、過去の遺物に固執するのはいかがなものかと

  • 何十年も前のアメリカに押し付けられた憲法を戦後というには時代錯誤な時代にいまだにそのまま使い続けたから今の日本がダメになったのでは?

  • 少なくとも9条は。ただし、自衛隊の海外派兵に関しては慎重であるべき。

  • 第9条、第26条、第27条、第30条その他、かなり大がかりに作り直したい。9条一つのせいで改憲の話が全部止まることが、この9条のもたらした害悪の一つでもあるよな。

  • より厳密には改憲でなく自主憲法制定派。当分無理だろうが。

  • ばっさり一章ぜんぶ削除して、九条をちょこっと修正したい

  • 「改憲という選択肢を排除しない」という意味で。

  • 改悪となぜ決め付けるのだろう

  • 「我等日本国民は・・」これ原文「We Japanese people・・うぃ〜じゃぁぱにぃずぴーぽー・・」の直訳なのよ・・ 一国の最高法規がこんな中学の英語の授業みたいな文章なんて、世界の恥(><)

  • 前文をもうちょっとまともにしたい。

  • そもそも憲法自体に改憲について書かれてるのに、それを否定する意味が分からない。だったら改憲不可っていう条項に直すべきだろ。個人的にはただの法律なんでガンガン改正すべきだと思う。憲法のために死ねと言わんばかりの憲法原理主義は嫌いです

  • 改憲派です.現状に合うように変えていくのがよい

  • 本当に素晴らしい憲法だが、日本人がこの素晴らしい憲法を持つに値する民族で無かったということは過去60年間憲法に対して何をしてきたかを見れば明らか。他の国だったら、一国平和主義を超えてこの憲法を生かすこともできたんだろう。しかし日本人には無理だった。だから仕方が無い。

  • 平成生まれには明治時代のきまりごとは合わない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
歌を歌う時【○アーティストを歌い方を真似... << prev
next >> 自分を動物に例えるとすれば・・