ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「gh 」の発音 << prev
next >> 5個以上ピアス開いてる(開いてた)

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 父の出身地は新潟県。関越トンネルを抜けると…。

  • 清水義範氏の「スノー・カントリー」は笑ったなあ。

  • 上越線で東京方面から水上に出たときに経験した。

  • 読んでなかったので、下のアマゾンで買ってしまった。ついでにダンテ神曲地獄篇も。すでにアマゾンの虜

  • 17号の三国トンネル、関越トンネル

  • 夜の底が白くなった。/川端康成「雪国」冒頭。美しすぎる。この二行だけで読書感想文書ける。

  • ここでいう国境は「くにざかえ」であって「こっきょう」ではないのだがそう読む人が多いのは気になる。

  • 実際東北うろついてると良くありますよ。

  • 在来線で新潟に行ったとき,経験した.

  • 実際には経験ない。

  • 川端康成ね。神戸でも表から裏に行ったら体験できる

  • 川端康成ね~ 雪国ね~

  • 止まった信号場は現在の土樽駅だそうで

  • 川端康成さん。冬の高速道路で長いトンネルを抜けると雪国で危険な事もある。

  • 一番最初は「国境のトンネルを抜けると、窓の外の夜の底が白くなった」だったんだけど決定項はコト通り。大好きな一冊。

  • すれ違ったクルマのリアガラスが無かった。中にいる人たちは震えていた。 事故か何かで飛んだのかな。

  • で、振り返ると吉幾三が追いかけているんですよね。

  • 川端康成の「雪国」ですね。 受験生だし、覚えさせられてます。

  • 実際にそういう風景に出会ったことあります

×
  • 長いトンネルを抜けると、新神戸駅

  • わざわざくにざかいの長いトンネルを抜けなくても、ここは雪国である。夜の底は白くはならない。

  • 抜ける前から雪国です。

  • 「雪国」か・・・今度読んでみよっと!

  • 国境の長いトンネルを抜けるとトンネルであった。

  • 国境の長いトンネルを抜けるとフランスであった。

  • 国境をトンネルで越えたことないな・・・。

  • 「そこは」って入んなかったっけ?

  • 雪国つまんなかった…

  • くにざかい、と読む。で、

  • 国境線は遠かった(筒井康隆)

  • 「どこの国との国境だろう」と子供の頃ずっと疑問に思っていた

  • 原文と若干ちがうのでこっちにしてみます

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「gh 」の発音 << prev
next >> 5個以上ピアス開いてる(開いてた)