ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

義務教育で、自国語の語彙や文法をある程... << prev
next >> 裁判員制度が施行され、裁判員に選定され...

科学的方法の信奉者はオカルトや宗教を恐れ過ぎだ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • というようなことを思ったことがある

  • まぁ科学も宗教も同じものなのにねぇ

  • 傍目から見れば、「科学的方法」とかいうのもオカルト/宗教とそう違いがないように映るんだが

  • だって詐欺師が恐いんだもん

  • 問題とすべきは、オカルトや宗教ではなく、そういったものに安易に流されてしまう大衆の心理的態度の方だろうな。「科学っぽいものに安易に流されてしまう」のも同様に問題で、ニセ科学の問題もそこから生じている。

  • 科学とオカルト(隠匿学)の位置付けがよく「光と影」になぞらえがちだからかな。歩み寄ってる気もしますが。

  • 中立的な立場からすると、現在のように怒り狂って反論したり、嘲笑したりする必要性があるのかと思ってしまう。|なお、オカルトと宗教を暴力的に括りましたが、これは便宜上のことです。|あと、「トンデモ」という表現がどうも馴染まない。感覚と一致しないのだ。|ああ、間違えた。不愉快なのか。また失敗した。>parom

×
  • 恐れか憤りか、そのどちらでも無いかもしれない。信奉するあまりに固執してしまう、それが原因で視界が狭まっているのが足かせのような気も。「その色眼鏡をちょっとだけ外してみたら?」なんて熱心な信者さんに言ったとしても、相手の反応はそんなに芳しくなさそうだし。

  • どうでもいいけど、科学だって新事実が発見されたら、それまで信じてきたものが全部覆される可能性だってあるんだぜ? 盲目的に何かを信じているのは科学だろうが宗教だろうがすべて危険を孕んでいる

  • 科学的方法では一番ましな仮説しか出せない。この「真実には届かない」感がオカルトへの憧憬に繋がることはあるだろうなあ。

  • オカルトや宗教で思考停止する奴等がいる。しかもそれが伝染するなんて怖くて仕方ないね。

  • 恐れてはいないと思う

  • 血液型信者は単に無知なだけ 何を言ってもそれを理解できる知識を持っていない

  • 恐れてはないと思うし、怖ければ恐れても良いと思う。認めると自分を否定する事になるからむ塚しいけれども、それが出来たらもっと面白いと思う。

  • いや恐れているのは、そんなものに無条件に飛びついて何の確信も持たずに信じ込んでしまう人間どもにだと思う。

  • え?あんだって?とんでもない、わたしゃ志村だよ

  • この指摘?は、あまりに不明瞭でしょう。特に「恐れすぎだ」というのが、なにを意味するのか分からないから、答えようがないです。

  • ニュートンも錬金術の研究をしていたらしいし、疑似科学でなければ相互交流もあると思う

  • 酷い目にあってるからねぇ。

  • そんな奴いるのか?

  • オカルトや宗教による「思考停止」が怖い。

  • いみわかんない

  • なんだって?

  • ぉカルト宗教  悪い事しそうだな。

  • 疑っていても恐れてはいませんよ。別の意味で宗教には恐れる部分はありますが。

  • そういう断定はあまり好きではありません

  • それは恐れてるんじゃなくて、自分は頭いいんだぞーって主張してるのかもよ

  • そうでもないかもよ?連投はほどほどにね。

  • 脳科学的アプローチなら内包出来る

  • 科学は信じるものじゃないし、第一宗教を否定するのはニセ科学者の仕事だ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
義務教育で、自国語の語彙や文法をある程... << prev
next >> 裁判員制度が施行され、裁判員に選定され...