ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

記憶から消せない好きだった人 << prev
next >> 魚介類の介はイカだ

「見つけた。何を。永遠を。海と溶け合う太陽を」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 『気狂いピエロ』J.R.ゴダール監督のラストシーンであり、A.ランボーの詩。

  • 「太陽と月に背いて」のディカプリオはランボー役似合ってたね。ちょっと中性的で。

  • 気狂いピエロのラストシーンですね。ランボーだとは知らなかった。

  • 温かくて 柔らかくて 放したくないけれど、きっと一瞬で消えてしまう。

  • ランボーは知らないけどピエロは格好いい

  • 人は決してその営みに加われないことを知りながら

  • 「永遠」を感じる時は、言葉に反してとても刹那的

  • はっきり言うと地獄の季節はこの部分しか読んでない

  • ねえ、きちがいピエロ。あんたも永遠、見つけたの?

  • ランボーね。タケモトノバラのエミリーって小説で知りました。

  • なんか素敵な言葉ですね

  • ランダムでこのコトに辿り着いた。わたしも永遠を見つけた。

  • どこかで見たと思ったら。

  • 「太陽と月に背いて」と「気狂いピエロ」を思い出します。

  • Jean Nicolas Arthur Rimbaud(1854 - 1891)の詩『永遠』より。とても印象に残りました。素敵な映像が見えてきそうです。皆様のコメントも素敵です。

×
  • う~ん知らないなぁ

  • 詩は無知なんです。すみませんごめんなさい、申し訳ない。

  • 酔いどれ船の一節の方が好きだな。

  • ランボォって、スカしてて嫌いなんだ。

  • 人間の脳が「永遠っぽさ」を感じるのはどういう状態なのか、fMRIやSQUIDで研究すると面白そう

  • 「それより食料を見つけねぇと…。」

回答したユーザ
トラックバックURL:  
記憶から消せない好きだった人 << prev
next >> 魚介類の介はイカだ