ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

気にするな << prev
next >> ハルキゲニアと言えば 古代生物(○) 未...

帝国海軍 戦艦「大和」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 主砲がギネスに載ってますよね。

  • 46cm3連装主砲は別名大和砲

  • 世界で初めて「船の大量生産」ブロック工法で作られた船。歴史上最大の戦艦とwikに書き込んだのは私。

  • 湾岸戦争で戦ったアイオワ級戦艦は、大和を4万トン級と見積もって造ったそうな。。

  • かたやブリキの戦車か

  • 戦艦同士で撃ち合いすれば強いと思う。// 最近読んだ本で、アイオワなどの米国戦艦と比べて射撃管制装置が著しく劣っていたという記述があった。ひょっとしたら、パンチの威力はあっても総合力では負けたのかも知れない。

  • PoWを沈めたからこそ、日本は航空主兵主義にいち早く切り替えてる。大和の建造中はまだ航空機の優位が証明されてなかったしね。空母を作るべきだった、ってのは結果論だし、作ったところでどうにかなってたわけでもない。

  • 超弩級戦艦大和は、扱う兵士の熟練度が必要な名鑑です。

  • 芸が細かいなぁ。とても日本っぽい船。軍艦はお国柄が出るね。日本のシャトルにはぜひ名前を引き継いでもらいたい。

  • 大和ミュージアムにて当時の技術が戦後の日本を導いたと強く感じた。

  • 書店のノベルスのコーナーに行くと、大和って何隻あったんだ?と思ってしまう(苦笑)

  • 考えさせられます。

  • かっこいい〜。

  • 敵戦艦との砲戦をしたかったでしょうに…

  • 好きだけど、映画男たちの大和には、何か薄っぺらいものを感じた。。。

  • 46センチ砲弾が印象的。主砲の旋回速度、火薬と薬莢をべつべつにこめる手法はアメリカ軍にはつくれなっかったという。最大の特攻機であると考える。戦艦武蔵と同型艦。宇宙戦艦じゃないのよ。

  • *

    沈んだ時の作戦内容も悲しかったけど死ぬと知りつつ戦った覚悟。 今の時代に生きる私は理解したくても到底及ばず。

×
  • 過大評価と美化され過ぎた船。3番艦の信濃に至っては何とコメントしていいやら...

  • 日本のシステムが生み出した最高で最悪の象徴。多面的な比較をして弱点の洗い出しが出来ない国柄が生み出した軍艦。

  • 広島のロケセットに行った。

  • 当時の海軍将校って頭が固かったんだなとしか思わないが。

  • 徳之島の慰霊塔には行きました。

  • 大艦巨砲主義と言っても、開戦時の日本は空母に関しては名実とも世界一だったのですが・・・。

  • 長門でしょう、そこは

  • 綺麗な船だね。だが、なぜ彼のプリンスオブウェールズを航空戦で沈めた国がこんな巨大な戦艦を造る事に傾注したのだろうか?それだけが不思議である。

  • すぐ沈んだ?

  • だからおいらに乗って歌をうたうのはやめてくれよ、ナガブチ。

  • 大艦巨砲主義ですか。まぁ、歴史がその末路を物語ってますね。

  • 間違った方向に突き進んでしまったなあと。船自体も、船の運命も。

  • ただのホテルに興味はありません。

  • 大和級の資材で空母を作るべきだった。

  • 日本人の魂の一部。英語文化圏の情報がオンタイムで伝わらないこの時代の日本では、歯止めが利かないほど大きく高性能を極めてしまった。

  • 軍事には疎いからよくわかんねェんだよなァ。

  • 観賞用には素晴らしいのだが、いかんせん実用性を欠いた。ダメなものに乗っかって玉砕に向かって突っ走ることを美学と呼ぶ日本人の心理は、21世紀になっても変わっていない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
気にするな << prev
next >> ハルキゲニアと言えば 古代生物(○) 未...