ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

シーフード味は魚介類のダシの味 << prev
next >> メトロクロス

つらきをも 恨みぬ我に 倣ふなよ 憂き身を知らぬ 人もこそあれ に何か感じるものがある。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「つらい」も「憂き身」も恋愛の話なのかよ、という脱力感を。和歌は基本そういうもんだからしょうがないか

  • 打たれ強い私を標準だと思わない方がいいと思う、つらい境遇というものを知らない素直な人だっているんだよ、という感じかと思った。あんまり恨みがましい感じはしない。あと人にはこうは言わないけど自分に言い聞かせてる苦労人は世の中にいると思った。自分の我慢の限界と他者のそれは違うって自覚してる感じで(恋の歌じゃない可能性もあると書いてあるサイトもあった)

  • 何かは感じた。でもそれが何かと問われたら答えに窮する;;

  • 独りでいる辛さを身につけてるよ。

  • 要出典。じゃなくて詳細きぼんぬ。→下の句でぐぐったら分かった。

  • 「恨む」が上二段活用だということがわかって勉強になったよ。

  • うーん「どうせ私なんか」みたいな感じがちょっとだけするので、あまり好きじゃないかも…

  • 強いなぁ、というのと、言われた男はさぞ薄ら寒い思いをしただろうなぁ、と思ったのですが如何でしょうか?/意訳:あなたから辛い仕打ちを受けても恨まないわたしに慣れないでくださいね、世の中には本当の辛さも知らずに恨んでくる人もいますからね。

×
  • なかなかに世をも人をも恨むまじ時にあはぬを身の科にして の方が。

  • 私は思ったことや感じた事を、明るく素直に簡単に、うたったうたが好き。楽しいうたが好き。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
シーフード味は魚介類のダシの味 << prev
next >> メトロクロス