ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

反抗期が終わった << prev
next >> スロベニア人の水泳選手「ペーター・マン...

スパイシー=辛いっていう認識は改めてほしい。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 確かに香辛料の「香」の面が蔑ろにされている感はある。あと、例えば唐辛子にも品種によっては仄かな甘味があるし。

  • 痛辛いってかんじ。。。

  • 香りに重点が、っていうのもありますしね。

  • 「甘い」と「辛い」しか解らないんなら、味覚障害だぞぇ

  • 確かに、Richart の Spice ファミリーは、スパイシーな香りのショコラなのであって、決して辛くは無いわな

  • 紅茶をスパイシーってゆったりしない?

  • 塩辛いのと、唐辛子・胡椒・生姜の「辛さ」の違いも、しっかり把握して欲しい。

×
  • 和製英語ってやつが英語とは別物なのは今に始まった事でもない。同じ英単語でもニュアンス違うのも然り。その一環ではないの?

  • そんなこと言われても解らない。塩辛いと違うのはいいとして辛くないってのは想像も付かない。

  • 美味しければそれでいいです

  • スパイシーってたいがい辛いです

  • そういえばそうね、でも誰に対して?

  • 個人の自由 スパイシーも辛いも好き

  • いや、辛く感じる。

  • スパイスが効いてて香ばしいって認識だけど、実の所どうなんだろう。少なくとも、個人的には単に「辛い」とは違うかなぁ…。

  • まあ適切な日本語がないからね

  • 和製英語はいい加減で当たり前

  • まあHotとSpicyは違うけど、両方辛いになっちゃうような。日本語の語彙の問題かと。

  • 辛いとかスパイシーとかにそうゆう認識を改めて考えるほど気にしていないので

  • 辛くないスパイシーも存在。まぁ徐々に改められるんじゃないでしょうかー。よって、×

  • 日本ではほぼそれで通るんじゃないかな

  • それは許容範囲。最近は渋い緑茶を「からい」と言う子供が増えてるんだってさ。どうなんだろうね。

  • 「スパイシー≠辛い」は理解できるけど、「改めてほしい」かというと、比較的どうでもいい気がしてみた。胡椒に関する限りは間違いではないと思われるので尚更。

  • カタカナ英語として定着しちゃってるっぽいし、仕方ないんじゃないですか

  • 別にいいと思いますが…

  • 熟考した結果、どうでもいいという結論に至りました

  • そらそうだが今更無理

回答したユーザ
トラックバックURL:  
反抗期が終わった << prev
next >> スロベニア人の水泳選手「ペーター・マン...