ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

レーン・エムデン式でN=0,1,5 の場合、厳... << prev
next >> 60億の孤独

「死者が少なくて済んだ」 という言葉は不謹慎だと思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 被害が少なくてよかったと言えばいい

  • ただ代わりになる言葉が見つからない。だから自分は極力言わないようにしてる

  • 不謹慎だけれどそういう言い方が必要な時もある

  • 言い方を完璧に間違えてると思う。なんだか悪意があるような発言にしか見えない。

  • 済んだが実に余計

  • 一人でも死んでたら不謹慎だわ

  • 1人でも死んだら既に最悪の事態だな。

  • 被害者の立場で考えたら済んだなんて言われたくないかと

  • 死者は何人でした。だけのほうが客観的で良い。多い少ないというのは主観。

  • 表現としてはそういう言葉もあるのかもしれないけどやっぱり1人でも亡くなったならダメなんだと思う。

  • 私もJAM思い出した。

  • 済んだ、という言葉がどう伝わるかを考えたら使うべきではない。被害者からしてみれば、人数の問題ではないでしょう。不謹慎かどうかの基準は自分ではなく相手。

  • 不幸中の幸い なら思わないけど//↓わにまよさん/違和感が残りますよね

  • ほな、とう言うんかね

  • でも死んだ人がいたのも事実

  • そうだね、少数とは言えども残された人たちの気持ちを配慮しなくちゃ

  • これは海外で事件が起きた時、被害者の中に日本人はいませんでしたってのと同じぐらい不快

  • 不謹慎だと思いますねぇ。それで済んだんだからよかったじゃん!……みたいな感じで。

  • 少なくて良いってのはネェ…自分の大切な人がいるとなると1人でも何千何万の人に感じるんじゃあないかな。

  • 1人でも1000人でも亡くなった事実は同じ

  • 能登半島地震でちょっと思った。死者1人なのと、何百人なのとは、あまりに扱いが違うなぁと。仕方ないけどね

×
  • 被害者の関係者にとってはそうかもね。だから関係者に対して話したとすれば○でいい。それ以外の場合はこっち

  • 予想と結果からいえば何も間違ってない

  • 言葉尻をとらえて批判することに重きをおくほうが不謹慎です。報道はするべきです。

  • 確実に千人死ぬはずのところ奇跡的に3人で済んだ。よかったよかった

  • 俺らが今こうしている間にも人が死んでいってるわけだけど、それに対して何のアクションもないのは不謹慎だと思う(キリッ

  • 事実なら別に不謹慎とか思わんよ。

  • わからないけど「被害は最小限に抑えられた」って言い換えるべきなんですか

  • 状況しだいだと思うよ。

  • 事実を淡々と述べるのが報道。

  • そうやってニュースにならなければ何事もなかったかのように飯食ったり眠ったりして暮らしているのだ。たまたまきわどい言葉で報じられたら犠牲者の身内のごとく振舞って「不謹慎」と言うような感覚は無いな。

  • 「もっと多くの死者が出ていた(出かねなかった)」なら不謹慎じゃないですよね。お気持ちはわかるし、それは間違いじゃないけど、俺は絶対○つけられない。

  • つraurublock氏のコメント

  • どうだろ・・まあ「幸い」とか「良かった」とかつけるよりはマシ。

  • それは、見識の違いにほかならない。というより、このコトの意図するところが、いまいちしっくりこないんだが・・・・。

  • じゃあどう言えと

  • 「死者が少なくて済んだ」はギリギリセーフ。「死者が少なくて済んで良かった」はアウト。

  • 何て言って欲しいんだい?

  • 身内が死んだら、ショックでそんなこと気にならないだろうなとも思ったが…。まぁ、こういうことは実際その立場になってみないと分からないし、そんな立場になったことのない人があれこれ言う権利はないと思うな。簡単に人の気持ちを分かった気になるのはよくない。

  • 完全に意味不明。一人でも犠牲者がいればそれは失敗100%なのか。それとも多いほうが良かったとか。これに比べたら「一人殺してしまったんだから二人でも三人でも同じだ」の方がまだしも理解の余地がある。

  • だったら1人死亡も全滅も不幸の度合いは等しいとでも言うわけか

  • まさか多ければ良いなんて話ではあるまい。死者が出ないに越したことはないけど、出てしまったにしてもいくらなんでも1人と1000人は違うでしょう

  • ほっといたって人間はいつもその辺でごろごろ死んでるんだから災害かなんかなら少なくて良かったってのは事実でしょう。

  • この言葉自体は不謹慎ではない.発言する人物の見識によります

  • 犠牲者だというだけの理由で特別に気を遣われる権利があると思ってる手合いにはうんざりしてるんだが、このコトもそれか

  • 見込み死者数が多い場合、本音はそうなんだけどね。

  • 実際はもっと多く亡くなったかもなんだろうし、大切な人が逝ってしまった人も、この哀しみを味わう人が沢山居れば良いと考える訳が無い

  • 聞いたことないからどうだろう。

  • 0が良いに決まってるけど、起こってしまった限りは少ない方が良いのでは…と。

  • 「済んだ」という語感が問題なんだろうね。少ないに越したことはないのでよしと考えます。

  • 万全な対策をとったからこそじゃないかと思う

  • 助かった方の理由を今後の準備と対応の標準に、そして、お亡くなりになった方の原因を解明して新しい対応策に、明日に繋がらない言葉はちょっと寂しい、助かったかたが多いのは、過去の経験が生かされた結果

  • 不謹慎だって言われても身近じゃない限り結局他人事。逆に赤の他人がそこまで言い切れることに疑問を感じる

  • 死者が少ないのは事実。死者が少ないほうがいいのも事実。

  • 状況としてまだマシであることには違いない。正直被害者遺族の自己中だと思う。まあ、自分がその立場になったらどうなるかはわからんけど

  • 言いたいことはわかる

  • 状況にもよるが、戦争ならば死者が0で済むと思っていることが無能

  1 | 2   next

回答したユーザ (169人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
レーン・エムデン式でN=0,1,5 の場合、厳... << prev
next >> 60億の孤独