ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

森見登美彦 << prev
next >> マウスでテキスト中の単語などを選択する...

「あぶらむし」より「ごきぶり」の方が言葉として古いそうです

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 豆知識!//もしかして、「あぶらむし」もGのこと指してる?

  • ぽいよねなんとなく

  • ちゅーかあぶらむしっつーと植物につくあれが思い浮かぶんだが。

  • たしかに。なんとなくですが。

  • 平安時代からと聞いたことがありますが、本当?

  • ていうか、「あぶらむし」って関西でしか言わなくね? 明治の初めぐらいまでは、流行の発信源は圧倒的に上方だったから、今なお残存するかつての新語は、関西ローカルに多い。

  • 平安の頃から。

  • 昔から敵だったわけね

  • そうなのか…昔っからゴキブリって呼ばれてたの?

  • そうだったんだ。

  • こういうコトに、どうリアクションしていいか、わからないの。

  • ありがとうございました。

×
  • ごきぶりの方が新しそうとは思わないのでこれを知っても何も感じない

  • しんいちろ~のせなかのうらにもあぶらむし~

  • あーうん。絶滅しろ。

  • 「な、ナンだってー!?」

  • 「五季鰤」の名称で奈良時代の木簡に記載が見られます。

  • どーでもええコトなんですけど 

回答したユーザ
トラックバックURL:  
森見登美彦 << prev
next >> マウスでテキスト中の単語などを選択する...