ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

アンサール・アル・スンナ軍 << prev
next >> 自爆テロ

サダム・フセイン

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「サダム その秘められた人生」

  • かつて支持率100%だった指導者、実際はどうあれ。中東の情勢、歴史背景、戦後情勢を鑑みるとまだまだ必要だったと思う。

  • 国が混乱している際には独裁体制という物も必要だという良い例。

  • バース主義というお題目は歴史的にアラブとペルシャの勢力争いの最前線たる土地を治めるには最適だったろう。そしてこの極めて世俗主義的な政権と原理主義テロリズムには何の接点もない(むしろ攻撃される側だ)。/↓フセインの子サダムですね。

  • そういえばこれ、サダムが本人の名でフセインが父の名なんだよね。苗字というものがない国だそうで。だからフセイン大統領みたいな呼び方はおかしいと聞いたことがある

  • 処刑すんの、早すぎたんじゃねェの?彼も彼なりに考えてああやったんだし、大多数の国民が迫害されてたワケでもねェんだから。是ではないけど、軽く同情はする。

  • アメリカさんは彼にひどい事したよね(´・ω・`) そして僕は彼が好きだよ。

  • ○ッシュも、フセインと大してかわらないかな。やり方も間違っている。自分が正義だと思っている。 違うのは、時代の流れに乗っているかそうでないか。 最後の発見され方はいただけない。

  • イスラム。と言う世界を統治するのに彼のやり方は正しかったのかもしれない。…と、最近思える。もちろん全肯定はしないが。『やり方』は間違っていなかったのではないかと。少なくとも現状『我々の世界』のルールはイスラム世界に合っていない。

×
  • 捕えられた時の様子が某教祖に見えた。

  • アメリカ合衆国に歯向かう者は全て彼のような末路を迎える。次は金とアフマディネジャドだ。

  • こいつは嫌いだったが、ブッシュはもっと嫌い。

  • 最期があんまりにもあっさり

  • 人となりを存じませんという意味の×

  • だからといってブッシュが○なわけじゃない

  • 早期処刑の真相は闇の中。しかし処刑は当然。

  • アッと言う間に処刑。で?みたいな疑問だけが残る。

  • あの方ですね。特に好印象は無かったです

  • おとなしく立ち回っていればよかったのに何をでしゃばってしまったのか

  • 自身のカリスマ性と時流に乗って、私腹を肥やした政治屋。ブッシュの政策の生け贄にされた。もちろん、自業自得ではある。

  • お会いしたことがないのです。

  • しかしイタリアではハンサムさんとして有名

  • でも最後はあまりに哀れだった。

  • 独裁はいつかは崩れるもの。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
アンサール・アル・スンナ軍 << prev
next >> 自爆テロ