ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

KANRO まるごとおいしい干し梅 << prev
next >> 生死の境をさまよった

同い年の芸能人 (○)尊敬の眼差し(×)おバカに見える

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • どちらかと言えばこっちになるのかなあ。安易に人を尊敬したりしないけど。

  • 同い年みんながみんなってわけじゃないけど、自分と比べてしっかり働いてるから。

  • 何でこんなに人間が出来ていてなおかつかわいいのか不思議でたまりません。

  • 人にもよるけれど だいたい尊敬できる人が多いと思います。

  • 福田沙紀とかその辺の人たち?どうでもいい人だけどテレビ出てるからすごい

  • たくさんいるんだよねー。同い年のスゴイ人・・・。

  • 年なのにがんばっていると思う

  • ていうか、尊敬できる芸能人がたまたま同い年だった。

  • すごいなあと感心する

  • 尊敬出来る相手なら素直に尊敬する。無理に尊敬したりバカにする必要も無かろうに。

  • ハンカチ世代です

  • 自分で働いてお金稼げるのはうらやましい。AKB48が同年代の子たちで構成されてることを知ってちょっと落ち込んだ。

  • 初期の宇多田ヒカルは尊敬してました。

  • Wikipediaで見てみたら色んな人がいた

  • あんまりいないorz 

  • なんとも思わないって選択肢はない?

  • 芸能人よりスポーツ選手が多い気がする。シャラポワ、ミキティ…

  • 人によるけど・・・。

  • 芸能界で仕事してるだけでも凄いです

  • 大体は。でも「?」な人もいる。

  • 自分は何にもできないなあと感じる。

  • 凄い度胸と頭のキレ、根性が要ると思う。

  • 「おバカ」に思ったことないからコッチ・・・と思って調べてみたら「中田英寿」と誕生日3日違いだったことが分かった!他にも「同い年芸能人」は尊敬に値する方ばかりだ。

  • 少なくとも、自分にはできない仕事をしてるからなあ

  • 尊敬はしていないけど、おバカなようで賢いんだろうな、さとう珠緒

  • スゴイ!面白い!っていう人はいます。

  • 同世代でそんな稼いでるだけで尊敬。

  • 同い年の芸能人をよく知らない。菅井きんとか?

  • 尊敬っていうか羨ましいよね。一個下のゆうこりんとかありえねえ可愛さだ

  • すごい、と思える人が居るので

  • 尊敬まではいかないかもだけどね

  • どちらでもなく。おっがんばってるねっ!とたまーに思う程度です

  • 会ったことない人を尊敬することはない。そして、バカにもしない。

  • 尊敬、とは少し違うが、同い年の女性芸能人を見ていると、女優とかアイドルという職業がいかに「ものすごいもの」であるか、年をとるほどに実感できる。

  • 同じ年に生まれただけでひとからげにすることはバカバカしいと思う。

  • 究極の二択だなぁ。×は思ったことないんでこっち。

  • 脚光を浴びられる事が出来るだけの何かを持っているでしょうから。

  • この二択ってどうなのかな。とりあえず常盤貴子は観賞用としてはよい //1972年だなんてことはぜひご内密に。>ゐけださん

×
  • すごく残念な方がちらほらいらっしゃる・・・

  • 尊敬しない馬鹿にも見えない無関心

  • 尊敬もしないし、バカにも見えない

  • どちらにも当てはまらん場合は?(小池徹平と同じなのだが)

  • 人による。

  • 尊敬はできないなー

  • お馬鹿に……ってほどでもないですが、尊敬はちょっと無理です。

  • 「若すぎる」学校卒業してからデビューなさい。人によるけど。

  • それこそ「人による」。押切もえとエビちゃんだけでも随分と違うし。

  • 年上でもバカに見えたりします。人によるんですけどね。

  • 尊敬もしないしバカにもしない。あまりひどい話し方の人とかいないからかな

  • さとみんさんの歳がわかってしまった。

  • 947 *

    某アーティストが同い年と知ったのだが、あのしゃべりっぷりは同い年として恥ずかしいほど幼稚。もう少し大人になれよ、と思ってしまうことがある。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
KANRO まるごとおいしい干し梅 << prev
next >> 生死の境をさまよった