ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

学校or仕事場にムカツク奴がいる << prev
next >> 文庫

読書百編意自ら通ず

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 男の子の下痢便は~♪ 小田島ピューが飲むためにあるんやで~♪

  • 面倒なんだけどね。でも見過ごしてた物を発見したり。

  • このくらい気合入れて読む本ありますよ。

  • プログラムコードもそうですね

  • なんか、メディアが口コミと書物くらいしか無い時代にはよく当てはまっていたんじゃないかと思ったり。

  • 闇雲に読むよりは読み飛ばして後で読んだり、時間を置いて読み直す方がより理解できるとは思います。

  • 読み返すといいことある事もある

  • 本当だと思う。試したことある。

  • 漫然と読むだけじゃ千回読んでも通じないだろうけれど

  • 遍でしょ?100冊も読めば、知りたい何かは分かると思う。100回読んでも、分からないものは分からない。

  • 大抵は100回も読んでないからね。

×
  • 気合を入れて読まないと何回読んでも同じ

  • 百遍を要する分野と百編が効率的である分野は、やや性質に違いがあるのだろうなと思います。どちらもあっていい言葉だとは思う。

  • 読書百編義自ら現る

  • 一回目で理解できるように、じっくり読みます。で、イヤになったらやめる。

  • そう思うよ。でもその価値のある本も少なくなってると思うけど。

  • 熟読しても固定観念が先立ってしまいそう。 時が解決してくれる事のが多いと思う。

  • その前にちょっとは調べろ

  • 一回でわかることもある、百回でもわからないことがある。

  • そーでも無いんじゃ?

  • いまどきは副読書がいっぱいあるから、それと併せて読んだほうが効率は良いと思う。ただ、楽しみのためなら難しい本をうなって読むのも良いものですね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
学校or仕事場にムカツク奴がいる << prev
next >> 文庫