ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

細長いお菓子を両側から食べる光景 << prev
next >> UFO写真を捏造。

愛と憎しみは紙一重

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • その通りだと思います。

  • 信者から転向したアンチは元からのアンチより質が悪いってアレ

  • でも表裏一体のほうが近いかな。きっかけがあればあっさりと反転する

  • 惜しみなく愛して 惜しみなく憎んであげる

  • 好きだから許せない事もある。

  • 燃やしちめー

  • レベル低の時はそうでもないが高になってくるとそうなる。

  • そうかもしれない。自分でそう感じた事はないけれど。

  • 「好きだけれど、愛してない」があり、「憎んでるけれど、愛している」がある。 これが最近やっとわかった。

  • 憎んでもいいから覚えていてね

  • はじまり。

  • どちらも執着心のあらわれ

  • 感情が強すぎて転びやすい

  • 背中合わせ。まあ、好きの反対語は無関心だし。

  • 愛しい人ほど憎い

  • どちらも「相手を想う事」から始まるのではないか、と。

  • そういう映画や小説がいっぱい。ってことは○でしょうか。

  • 好きであればあるほど、裏切られたときの憎しみは大きい。

×
  • もしかして:独占欲や支配欲とその挫折

  • 少なくとも僕にはない感情だ

  • この言葉よく言われるけど間違ってる

  • その感覚がまだわからない。

  • そんなこたぁないぜ

  • 憎さあまって可愛さ百倍……紙一重とは思えません

  • 憎しみと紙一重に見える愛は、愛と間違えやすい別のもの。執着を捨ててこそ本物の愛。

  • 愛が幅広いから色々なものを付随させる事ができて、その一部に自他がぴったりくっつく作用のエリアがあって、その部分でそういう現象が起こり得る事は解る。(何て風情がない言い方)

  • 947 *

    と聞く言葉ですが、愛が分からんのよね…。

回答したユーザ

トラックバック一覧

トラックバックURL:  
細長いお菓子を両側から食べる光景 << prev
next >> UFO写真を捏造。