ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

テニスでホームラン << prev
next >> 自分はハーフだ

日本語の作文技術

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「ルポルタージュの方法」と並行して読んだ。勉強になる。

  • 「理科系の作文技術」と「「超」文章法」が手許に。その本多さんの本も持っています

  • これは読んでるが、身に付いてはいない。読み直そうかな。

  • これを超える本を知らない。自分の日本語が劇的に変わった。

  • 「理科系の作文技術」と合わせて読むのが良い

  • わかりやすいし、納得する。

  • 本多勝一さんね、これは読んでよかったと思う。その他思想主義的には同意しないけど。

  • [これはいい]名著(手っ取り早く学びたい人は「実戦・日本語の作文技術」の最初の章だけでもいい)

  • これを読むのはアリだが、結局は読書の積み重ね。一朝一夕ではね……

  • 読んでみたいかも

  • 面白そう、文章読本の後に読もう

  • 本多勝一著。30年前の本ですが、いまだに新鮮さを保っています。逆に言えば、30年経っても、日本語に対する一般の認識が向上していないということにもなるでしょう。とにかく、論理明快でわかりやすい文章を書こうとするならば、一度は読んでおいて損をしない本です。

×
  • 未読‥ 作文って文章作成能力だけじゃなく自分の言いたい事の表現(方法)能力なのに気付かないと‥だから何て書いたら良いとかって聞くものでないことに今頃気付いてきたり‥英会話についてもただ文を作るだけじゃなく‥

  • 千葉大卒であることを隠し、京大卒を詐称し、本当は朝鮮人であることを隠してる本多勝一こと崔泰英が書いたカス本w この屑は千葉大の恥

  • 今あらためて日本語を見直したい気持ちはあるのだが。

  • 模範とするに足る文章を本多勝一自身が書けているとはとても思えないのだが。

  • 治りますかね・・・

  • 本のタイトルなのですか?しりません

  • 未読だけど、まあ一応その系の大学入って出たからなあ。

  • 友人が読んでたはずだが

  • 未読。本田勝一は『殺される側の理論』しか読んでいないので詳しくないが、読んで見ることにしよう

回答したユーザ
トラックバックURL:  
テニスでホームラン << prev
next >> 自分はハーフだ