ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

三九郎 << prev
next >> あご出汁 (トビウオの煮干のダシ)

鉛筆の両側を削ることを「貧乏削り」という

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • あ言った言った

  • 逆にキャップが2ついるという悪循環。

  • 器用貧乏的なニュアンスなんでしょうねきっと

  • よく「貧乏削りするな」と先生や母に言われた

  • 目に刺さりそうで嫌

  • あー、言ってた言ってた。

  • そうそう、そんなふうにいってた。

  • 赤と青がセットになったやつは、確実に貧乏削りになる。

  • 言った言ったw

  • こ、これは懐かしいですね! 「泥棒削り」だったきも。

  • 懐かしいなあ

  • なんだかそういう名称があった気がする。

  • なつかしい! けどなんで?

  • 言ってた。なんか懐かしい・・・

  • 言ってた言ってた。だからやらなかった。

  • 小学生の時流行った気が

×
  • その言い方は知らんかった。なぜ貧乏?

  • なんとも呼んでなかったな

  • 赤と青が一体になった鉛筆はそういう風に使っていた。貧乏とは思わない。

  • 小学生の頃はよくやっていた。呼称は両削りと。

  • ○にしてたけどよく考えたら泥棒削りって言ってたわ

  • 小学校の時誰か言ってた 笑 どろぼう削りってのもあったよ  猫舌さん、chcさんと同じく現 新潟県民です 以前○になってたんで×に移動

  • 特に何も… それはそうと、どうもその「貧乏削り」用の色鉛筆があって

  • 短くなった鉛筆2本をセロテープでつけるのも「貧乏削り」?

  • へぇ。知らなかった。 勉強になります。

  • やるけど、そういうな名前があったのは初めて聞きました。

  • (ノ゚Д゚)ノエエエエエェェェェェェ。違う色が1本になってるときは何ていうの?のー?(笑)

  • そんな削り方が存在したとは

  • 地獄削りだった

  • […]子供の頃,「これでえんぴつが2倍つかえるぜいえ~い」と思っていたが,よく考えたら減り方も2倍になるのであった

  1 | 2   next

回答したユーザ (173人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
三九郎 << prev
next >> あご出汁 (トビウオの煮干のダシ)