ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Charles M. Schulz(チャールズ・M・シュルツ) << prev
next >> マイ覚せい剤

ホラーゲーム  CERO D・Z>○  「暴力シーン、グロテスクな表現」の表示>×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • CEROだけでは解らない人も結構いるよ。最近の任天堂ハードはCERO:A~BとC~Zでパッケージのデザインを変えているけどね…。

  • CEROはよくわからない

  • DだのZだのがつくゲームなんて見た事ない。一生Aでいい。

  • 大体そのマークの意味を知らない子供が買ってしまったら意味がない。もっと分かりやすくすればいいのに

  • たまにどこにあったの?というのが。

  • こっちのが分かりやすい気が。

  • ある程度自主規制は必要だとは思うんだけど、パッケージの背表紙部分にまで区分表示を義務づけられるとちょっとげんなりする。

  • それよりも、あんだけえげつないゲームばんばん作っといて「日本のアニメやゲームは暴力的」とか抜かすアメリカ人がすごいムカツクんですけど。(コトとはちょっとズレた意見ですがすみません)

  • 初代バイオハザードから、この表示はありました。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Charles M. Schulz(チャールズ・M・シュルツ) << prev
next >> マイ覚せい剤