ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ダイジョーブ!! << prev
next >> 学園特警デュカリオン

電車の中で、窓から差し込んでくる太陽光が眩しかったらカーテンを閉める。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そもそも日光が当たらない側をねらって座るのだが、以外と外してしまう。

  • 隣の席の人に一声かけてから閉める。

  • 隣にひとがいないとか、状況にもよりますが。

  • 溶けるので。

  • 直射日光は苦手です

  • 太陽光線が  目にしみるう

  • 窓際で自分以外そのブラインドにお世話になる人がいないなら

  • そう言うと 光る窓の隙間から

  • とんでもない朝日とか夕日とかならしめます@新幹線

  • 快適に過ごしたいので

  • あまりに酷いとね。あまり閉めないけど

  • 状況が許せば閉めます。人に迷惑の及ばない限り紫外線は最小限に。

  • 新幹線では、遮光カーテン開閉決定の権利を得るために窓際に座ります。西日カンカンでも平気で眠れる人とかいるから・・

  • カーテンっていうのかな、それっぽいの。でもほんとは隣のボックス席の窓からくる光だったりすることもある。

  • 眩しいの大嫌いなので

  • 汽車だからカーテンあるの

×
  • 「人に事実を指摘されたら逆ギレしろとでも教わったのか!?」とかポストしたくせに複垢自演を指摘されて逆ギレして猿みたいにキーキー喚いとる窃盗ホモショタ極貧女装小卒ネカマ複垢自演基地外中年の小田島ピューをご覧あれw ピカチュウhttp://kotonoha.cc/user/unjarag... =くるみ☆ぽんちお(旧テメナコンマオ):tamegoro =あべやかん:sudarabushi=イチモツ・ダシオ:gomanbushi=漫湖:gomasurikoshinkyoku=樹里:ryotsu=小泉:koizumi

  • 最近は着色ガラスを採用し、カーテンを設けていない車両も多く、閉めたくてもダメな事も、首都圏では日常茶飯事。また関西でも阪急電車や系列会社の一部車両では、カーテンではなくアルミ製の鎧戸を窓下から引き上げるタイプが多く、こちらもカーテンはありませんので…

  • なんだか我慢してしまう。

  • 光合成したいときもある

  • 外の景色が見たいんだ、やっぱり。

  • 夏は日焼けするし暑いから閉める。冬は太陽光が心地いいからそのまんま。

  • 車窓風景を楽しむ。

  • 外を見るのが好きなもんで。

  • 基本的に寝る時だけ。窓側至上主義だし。

  • 閉めないし、閉めてほしくない。

  • 外が見えないのはやだ(小学生

  • 上下動させるやつを勝手にシェードと呼んでました。ロールカーテン? : 眩しくかつ混んでいなければ下まで降ろします。

  • 景色見たいので他の人が気にしてなさそうなら閉めない

  • 阪急のよろい戸もよかったけど、最近の電車ではカーテンまでときどき省略されている

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ダイジョーブ!! << prev
next >> 学園特警デュカリオン