ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

好きな人の前では、別な私。 << prev
next >> ノブレス オブリージュ

不毛な土地に花が咲く。それは誰かが犠牲になったからだ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そうかもしれない

  • 「花咲き山」(齋藤隆介)がこんな話だった。

  • でも、私は犠牲にならないっていう。

  • 直感的にね

  • 太古の時代から人は生まれては死んでいく、歴史の繰返しで不毛の土地にもやがてきれいな花は咲く。

  • 人の体に燐も硫黄も何もかもそろってる

×
  • 秋吉台を思い出した。「誰か」という存在をぶっ飛ばすほどの時間の力を感じた

  • 風で種がとんできたんだよ

  • 鉢に移したんだよ。

  • それを君は犠牲と呼ぶのか

  • 犠牲ではなく、努力があったからの場合も多い 砂漠や砂丘の緑化とかね

  • 犠牲だけじゃなくて恵みもあったんじゃないかな

  • どこかに平和があるならば いつかは花も咲くだろう♪

  • 屍体が埋まっていなくても桜は綺麗に咲く

  • 「誰かではない。私や君や、わたしたちみんなの犠牲だ。大事にしよう」と直感的に思い付き。

  • 動物がいなくても花は咲きます。

  • 勝手に咲く奴もいると思うなあ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
好きな人の前では、別な私。 << prev
next >> ノブレス オブリージュ