ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

指から煙が出る << prev
next >> 好きな人の前では、別な私。

人の幸せを願い、不幸を悲しむことができる人間だ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そうありたいと思っていますが…

  • 娘の結婚相手をそういう言葉で語れるしずかちゃんのお父さんも素晴らしい人だ

  • 知らん人は関心ない。よく知っとる人は、こうあってほしい。

  • よくわからんけど不幸だけは要らん

  • 出来る。でもこれがある程度普通に出来るって、よくよく考えてみたら凄いことだと思う。

  • ええ、呼吸するように普通にできます。できない事もありますよ?「アイツが死ねば俺幸福」みたいなのでは願いませんし、「金持ちなんだけど金の使い道が無い俺不幸」では共感ができず同情は難しくなりますね。

  • そりゃそうでしょう

  • そうでありたいと常に思ってる

  • 普通。 同時に処世術でもある。

  • そうありたいね

  • 分からん。何故これがそこまで難しいと考えるのかが分からん。無駄にハードルを引き上げて「出来ない」と言ってはいないか。

  • 私ものび太みたいになれたら良いなと思う

  • そぅいぅ人になれたらいいなって思う。

  • 結婚前夜のしずちゃんのパパの、のび太への評価だね。のび太もしずちゃんのパパも人格者だなあ

  • それくらいはできるよ。

  • ただし、人による。

  • 基本的にはそうなんですよ。

  • 相手がそれを望むなら、そうできるように努力してる

  • のび太のことですね。私もそうありたいです。

  • そういう事ができる人に対してなら。

  • やっと出来たよ(>_<)b

×
  • 分け隔てなく万人にできる筈もない

  • それは学習によるので

  • 荒んだ心を持っていてごめんなさい

  • 人間に対する興味は割と薄い

  • 不運を悲しむだけでは 人の幸せを実現出来る人間にはなれませんからね

  • 素直にそう言えない自分が居る。

  • 他人の幸・不幸には興味がない まぁ建前上なにかしら声かけたりはするけどね

  • 惚れてる人以外はできない

  • 荒んだ心を消し去りたい。

  • 自分の事でいっぱいいっぱいなのに、人の不幸を悲しむなんてとてもとても・・・

  • 人の幸せが、自分の悲しみになるときがある…わかりますか?

  • 無関係な人の不幸は基本的に喜びも悲しみもしない

  • 他人の不幸は蜜の味と言います。

  • 自分の幸せが伴わないと願えない

  • 一時の過去の話なら○だが、それが今の社会では通用しない間違いだと痛感した。

  • 人間は人の不幸を喜ぶ物とどこかで聞いた

  • そこまで人間できていないもので

  • できないことは無いけど嫉妬深いことも確か。

  • 他人に其処まで関心が無い。あとそういう人間に憧憬を感じる事も無い。//というか、これある種の「傲慢」だろう。

  • いちいち同調してたら、自分の神経がもたないよ。

  • そうなれたらいいのにね、

  • 悪人どもの不幸はあざ笑うよん

  • いつも自分の幸せを願うばかり

  • それはない。他人の幸せは身内以外では空しさにしかならないし、不幸に関しては当事者意識が無い限り感じることはできないよ。

  • 他人の不幸にほくそ笑んでる自分というのが想像し易いのでこちらでしょう

  • 結局自己満足なんですよね。

  • そのためには、自分が二番にならなきゃいけない

  • 幸せを願うことは、不幸に涙してあげることより、もっと難しいことです。心を殺す必要があります。

  • 幸せを願うけれど不幸を願うことも稀にはあります

  • 幸せは願っても、不幸を悲しむってのはちょっと同意できない・・・。 そして↓の、らっし~さんのコメントに吹いた(笑

  • 大切な人に対してはある程度できるだろうけど。

  • 万人に対しては無理

  • まだ未熟。今は近しい人間にしかわかない感情。

  • そんなに心きれいになれないよ

  1 | 2   next

回答したユーザ (212人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
指から煙が出る << prev
next >> 好きな人の前では、別な私。