ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

マツイ棒 << prev
next >> 紺野美沙子

玉砕

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 粉砕☆玉砕☆大喝采☆

  • 殉職ですね、わかります(^^)(待て

  • このコトに来る前のコトが「卒業式の日に告白」だったから笑った

  • クリスマスイヴにふられたときはびびった!

  • 一撃必殺玉砕倶楽部が好きだった

  • 昔使ったけど、何に対して使ったんだろ。

  • サクラシンゲキの逃げ

  • 砕け散った。

  • 「ぎょくすい」って読んでいた。

×
  • 軍隊の全滅とは損耗率40%のことらしいが、かつての日本政府は、大戦末期の島嶼戦などで、ほぼ全員戦死というハイパー全滅のことを玉砕と言った。このような言葉で悲惨な戦況を美化し、無駄に兵士を殺したことを反省謝罪しない限り、日本の防衛は成り立たない。

  • 追い詰められた人間の心理状況下での行動。

  • 「それも致し方ない」という考えを殺し切れなければこの先には進めない。

  • 「分の悪い勝負は避ける」というだけの事が、あの時代の日本人にとって何故それほど難しかったのか今もって理解しかねる。戦国期までは寧ろそれが当たり前だった筈だが。

  • 玉砕といえば、うちの母方の祖父が何故か山本五十六長官の葬列に徴収され、アッツから南方に移った数日後に元々所属してた守備隊が米軍の攻撃で玉砕。

  • =全滅。言葉の魔力を感じる。

  • 生きてこそ得ることのできる栄光をこの手につかむまで、その命、わしが預かる!

回答したユーザ
トラックバックURL:  
マツイ棒 << prev
next >> 紺野美沙子