ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

年が明けるとその後やる事なす事全てに「... << prev
next >> 知らないうちに年が明けていた

すべてのことが偶然ではなく必然だということ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 俺は自分の意志の弱さを必然として擁護しているだけです。はい、よく言えました。

  • 偶然という事も含めて必然だと思う。無意識(遺伝子、脳の状態や思考、経験の蓄積等)が呼び寄せた事だろうから。周りにはある程度自分を反映するような人やモノが集まっていないかな?しかし、ある程度意識でコントロール出来る。

  • 事象に対しての因果関係を理解している人間にとっては必然、理解していない人間にとっては偶然。相対的に見れば必然。 例)宇宙誕生の原因が究明されてない現代では偶然、未来において原因が究明されたとしたらその時点で必然。解明されていないだけで原因はあると仮定すれば、現代においても必然。

  • 最近そうなんじゃないかと思い始めたところ。

  • 私のオーラは明るめではないことは確か

  • 誰か言ってたけど忘れた

  • 運命は決められているんだよ ただ知ることができないだけ

  • 決定論?個人的にはどちらでも構わないのだけれど

  • あらかじめ決められたことなのかもしれない。運命なんだよ、きっと。

  • そうかもね。でもそんなことはどーでもいい。

  • そうなのかも知れない。

  • 運命というか、因果応報的なものは感じる

  • 必然は偶然の積み重ねかも?

  • 挫折した後、たいていその挫折を通らないと得られないものにたどりつく。

  • 必然!!!!!!!!!!!!......... = 偶然

  • どんな事にでも、過程はある。そうなったからには、見えないところでそうなる過程があったはず。

  • 我々は必然の中で偶然を信じ続け、あがいて生きている。

×
  • ワテは死ぬほどブサイクなウチの弟の樹のしりしりで毎晩ズリズリしとるが…。

  • 必然でこういう状態になったのならそうした人間を処分するのも必然。勿論すり替えで無く本当の責任者をね。

  • その時々で都合の良い方に解釈すればいい

  • あまり好きな考え方ではない

  • 偶然でも必然でもいいよ

  • ただの言葉遊びに過ぎないような。

  • 偶然だとか必然だとかきっとどうでもよかった

  • 偶然で終わってしまうことのほうが多い。

  • 生まれながら幸福な人と不幸な人の違いは何だろうか…

  • あんまり考えたことない

  • そうだとしたらなんだか素敵なことですねqДv*)おもしろくないかもしれないけど

  • 偶然の幅から逃れて、必然へと振り向けるために努力する。

  • 逆だよ。サイを振ったら6回に1度1の目が出る。必然なのはその確率だけ。

  • 必然と偶然の組み合わせ

  • 全ては〜偶然なんか〜じゃなく♪全ては〜必然なコトばかりかも知れない♪

  • 多くは必然だが全てではない。そうじゃないと面白くない。

  • だとしたら、君との未来を変えることは出来ない

  • 観測問題の決着次第だなあ。ひょっとしたらボームの量子論が正しいとかもあるのかもしれん / と思ってたらいつのまにかボームの量子論が否定されとった

  • 全てが必然だとすると努力しなくなるのではないだろうか。

  • いえいえ、まさか。

  • 偶然じゃないと面白みがない。運命は変えたいもの。

  • どっちも似たようなもん(という意味では○)/なんでどっちかを踏み付けにしないと確立できないものにしちゃうのかわかんない(という意味で×)

  • 予測できないのであれば必然だとしても意味ないしね

  • そういうこと考えない

  • だとしたら人生つまんない。

  • だめなんです。

  • 神はサイコロを振るか。振ってそう

  • 全部は後付け 君が良ければそれでいい

  • 難しいことはわかんないっす

  • 偶然は偶然、自業自得など、理にかなった必然は必然。

  • 起こった後ならどっちにだって言える。

  1 | 2   next

回答したユーザ (146人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
年が明けるとその後やる事なす事全てに「... << prev
next >> 知らないうちに年が明けていた