ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

長谷川穂積 << prev
next >> 玄関にカギをかけたかどうか不安で確認し...

大学のレポート課題などでWikipediaをそのままコピペしちゃう

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 高校のレポートで一度バレて大変なことになったのでもうしません

  • ばれて単位落とした

  • 取りあえずwiki見て、それから掘り下げていく感じ。専門的過ぎることはwikiでは調べられないですし。

  • 歴史の宿題とか☆

  • だってwikipediaって滅茶苦茶じゃん(((゜゜;)))

×
  • ありえないな。

  • さすがにしない

  • 参考にはするがw

  • ちゃんと書いたのに丸写しと同じ成績だった時のやりきれなさ。

  • 怖かったからできなかった。

  • そんな怖いこと出来ない

  • それは違反になるからダメー

  • いいね今の人はネットで調べられて

  • 全く一緒ってのはしない。

  • 取締強化されてますね

  • 盗作検出ソフトってのにかけられて一瞬でバレるよ。下手したら単位落とすだけじゃなくて退学。

  • 参考程度にはしていた。大学の先生にはそういうのをチェックする人もいるらしいね

  • ネット上の文章丸コピしたのバレたやつが評価最低ランクにされてたなぁ

  • Wikipediaの参考文献は参考にしますが。

  • 信じられん

  • それで通る教授がヤバいのでは。参考文献の題名を探すとかにはいいと思うけど。

  • バレるんじゃ,,,(・ω・;)

  • コピペはバレるからやんない。

  • Wikipediaの文章が課題に対する解答としてピントが合っていると言えるような課題が課されることがあまりないせいでできない

  • 検索してトップに来てたので見てみたら、自分の指導教授の本から丸写しされてたことならある。教授に見せたら、でもこれ古い本だから間違いじゃないけど修正しないとって冷静に指摘された

  • ある程度参考になりはしますが、コピペできるほど信頼できるものでもない気が・・・

  • ウチの研究室の場合、教授自身が趣味で記事を書いてるので無理です。

  • そんなことできまシェン><

  • 盗作になるし、大学を首になります。マジで。高校でコレをして退学になった友達が3人もいます。

  • そもそも文献で使う物じゃない

  • 資料としては使う。自分の言葉でちゃんと書かないと、plagiarism(盗作)になっちゃうよ

  • 再提出になっちゃうよ;

  • ええ!? てかレポにウィキは見ない

  • 参考として見る程度。正直、レポートには向かないと思うんだけども

  • wikipediaって参考文献が載っているよね

  • 中学だしそのままではないけどまず最初に見るのはウィキペ

  • データベースだとか参考資料だとか大いに活用してるが、そのままコピペはまず無いわ

  • コピペはだめでしょ。参考程度に書くならいいけど

  • それレポートの意味ないと思うよ。

  • やらんかったぞ。大体そういうのはすぐばれると思うがねえ、いやその前にまるっとコピペがいかんのだが。

  • コピペはダメだなぁ。書いてある文章を自分で咀嚼して、正しいかどうか検証した後に自分の言葉で書けばいいと思う。

  • さすがにコピペはまずい

  • それはスグばれるよ。

  • すぐばれますからね、とどの先生も言う。

  • やらない。それにおそらくコピペで出してる人がいっぱいいる。

  • プライドが許しませんえ

  • そんな手を使えるワカモノが羨ましい

  • 今はコンピュータが使えるので学びには恵まれた時代ですが、それを逆手に取るような真似をネット上でされるのは学者の卵として悲しいです。

  • それはさすがにしない

  • そういうのは見つかり次第、単位落ち決定OR最悪退学処分になるので。

  • 大学の先生に、「コピペするな!」とキツく言われているので出来ない。最近増えているらしい。

  • Wikipediaなんて無かった。

  1 | 2   next

回答したユーザ (213人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
長谷川穂積 << prev
next >> 玄関にカギをかけたかどうか不安で確認し...