ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

爆笑オンエアバトルで一番面白いのは塚原... << prev
next >> 爆笑オンエアバトルの審査員

太陽or月を振り切ろうと全速力で走ったことがある。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 振り切ろうとしたわけではないが、たしかに「ついてくる」と感じたことはある

  • 配 管 工 お じ さ ん

  • あの雲の下に行こうと、頑張って走っても走っても追いつかなかった

  • 子どもの頃にww

  • そういえばあったかも、頑張っても振り切れなかったけど

  • どれだけ走ってもついてくる・・・

  • あのまま走り続けていたら孤独にして無敵の長距離走者になれたはずだった。

  • やりました、友達と!

  • 振り切った。

  • 子供の頃、月が怖くて自転車で全力疾走。その際転んで今も治ってない傷があります。

  • あーなつかしい

  • あと、追いかけたこともある。

  • 最長十二時間ほど東に走り続ければ太陽は地平線の下に逃げます。

  • 小学4〜6年の頃

  • でかい月が怖かったんだよ。

  • 子供の頃はやりがち

  • 振り切ろうっていうか、ちょっとは場所変わるかなと

×
  • お月見をずっとしてたいなぁってことならある

  • 追いかけたことなら。「待て太陽まだ沈むな、夜間走行はしたくないんだ」って。

  • 笑った。でもよく考えたらあった気がするなあ。

  • あれは幻だから仕方がないと思っていた。

  • 逆。沈む夕陽を追っかけた事ならある

  • 少しは遠ざかってるんでしょうけどねー。

  • 何で付いて来るのか!と、思うだけでした。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
爆笑オンエアバトルで一番面白いのは塚原... << prev
next >> 爆笑オンエアバトルの審査員