ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

いつものメンバーで・・・ << prev
next >> 家を解体することを「こぼつ」という

焼夷弾が落ちてきた。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • たたたた大変だ(;`皿´)

  • 空襲で祖母が防空壕に逃げた時、人が溢れて、祖母の脚が壕からはみ出てしまった。そこに爆弾の破片がささった。戦後手術して取った。

  • ソンナトキハ (´・ω・`)っ【http://kotonoha.cc/no/39949】 だって、唾液は消化を助けるって言うもん。     だって、唾液はショウカを助けるって言うもん。     だって、唾液は消火を…。

×
  • 祖母から聞いたんだけど、当時の日本政府は、焼夷弾など火たたきとバケツリレーで十分消せるから心配ないと宣伝し、町内会では防火訓練などしたらしい。が、実際には落ちてくる数が半端ではなく逃げるのがやっとで死人もいっぱい出たそうだ。今の原発事故で言うと「想定外」だな。日本政府の言うことなすことは今も昔も同じだと思った。

  • ずいぶんと戦後生まれです

  • 俺の弁護士を呼んでくれ~っ!

  • 終戦の直前8月14日に行われた熊谷空襲で羽生から熊谷が真っ赤に燃えてるのが見えたそうな。

  • 今現在ではないです

  • 祖父の時代。 台湾いたから経験はなかったぽいよ。

  • 祖母の腕には機銃掃射の弾丸の破片が刺さった跡があったなあ。

  • 一応それらしき話は聞いたかな。親から。無事だったようだが。

  • 祖父母からもそういう話は聞いてない。敢えてしてなかったのかもしれんが。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
いつものメンバーで・・・ << prev
next >> 家を解体することを「こぼつ」という