ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

飛び地 << prev
next >> わたしのきもち

辞世の句

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 限りある命だから 風と流れ 雲と去る。夜、星が輝き 月が 溜め息をする前に 美しく散りたい

  • 散りぬとき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ (細川ガラシャ)

  • 大君の深き恵に浴みし身は

  • 季節毎に。例:葉桜や憂しと見し世は今も憂し

  • 「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して客死した(よく辞世の句と言われているが結果論である。「病中吟」との前詞があり、辞世とは当人も意識していなかった。なお、「秋深き 隣は何を する人ぞ」は、死の床に臥す直前に書いた句である)。[Wikipediaの松尾芭蕉の項目より]

  • お願いだ HDDの フォーマット あと同人誌も 処分して

  • へやにある いしはぜんぶ かねになる

  • 筑摩江や 蘆間に灯す篝火と ともに消えゆく我が身なりけり

  • とりあえず「あべし」とか「ひでぶ」はヤダ。

  • あと50年後ぐらいに考えていい?

  • 我が生涯に一片の悔い無し

  • みんな、ありがとう。

  • 「是非もなし とんがれ とんがれ エスパルスの大榎」

  • 乗りたい?だめー フツーにだめー

  • マスラオの マスせんずれば 熱き血潮ほとばしり じっと手を見る/たいがいあらかじめ作るものなんだろうね。切腹の決まってる武士とかは特に

  • 力は山を抜き、気は世を蓋う。時に利あらず、騅は逝かず。騅は逝かず、奈何すべき。虞や虞や、若を奈何せん。

  • 君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄み渡る空

  • 討つ人も 討たるる人も もろともに それにつけても かねのほしさよ

  • 偲ぶれど 築く屍 修羅の道 月見し度に 涙流るる

  • どう見ても○○○です、本当にありがとうございました。

  • かぎのおと おやがわたしや もうだめぽ

  • パソコンは 中身を見ずに 処分して

×
  • それより遺言書を作っておきたい

  • ホップ ステップ ジャンプ カールイス

  • 作っておかないといつ死ぬかわからないよね

  • 多分思い付かない。

  • 死ぬときに考えることにする

  • その域まで達していない2

  • 作ったら死にそうなのでまだ作らない。

  • あれいつ詠むんだろーって いつも不思議

  • つくるのは まだまだはやい 辞世の句

回答したユーザ
トラックバックURL:  
飛び地 << prev
next >> わたしのきもち