ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

もう10000日生きた。 << prev
next >> 教職に就く者は、聖職という意識をもっと...

日本は被爆国として非核3原則を未来永劫固辞すべきと思う。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • やられたらやり返せ…か。それで地球そのものが破滅したら元も子もない。

  • 固持して貰わないと被爆利権が・・・

  • 固辞しても、再び落とされたら意味が無いんだよね…。

  • って言うか核兵器自体禁止出来ないと惑星破壊レベルのものが開発されると思いorz(超人ロックのジオイド弾とか…orz…)

  • ○をつけざるを得ない!

  • どうせやられちゃう時はやられるんだよ、ちっさい国なんだし。

  • このコトにおいてたかが誤字を理由に×にするなんて真似は自粛しようと思う。…可能かどうかは、別物だと思ってるけど。

  • ただし日本人にはこれを固持できるだけの実力は無いとも思う

  • 建前はそれでいいんじゃね

  • 今どうにかしても即行で国ごと潰されるだけ。…あれ?固辞?

  • 核爆弾持っちまったら、この国はもう終わったようなもんだ。

  • 甘い考えなのは百も承知。

  • スミマセン「固辞」は変換ミスです。「固持」です。

×
  • 被爆国として、はいらない。断じていらない

  • 固辞で力が抜けただよ

  • 居士がそうおっしゃったのか。

  • やられたらおしまいだ。一刻も早く核武装しろ

  • 三原則はどうでもいいが、「どうせ核なんて使えないだろ」という国際認識の中で抑止力として働くのか疑問を持ってる。

  • 被爆国として、かあ・・・。//それしか手段が無くなった時のために、核武装と言う手を手放すこともあるまいよ。核武装するぐらいなら死にますってんなら勝手に死ね。

  • そろそろ核もったらいいのに

  • ある意味、すでに破られていると思うのですが。

  • 持ってても別に役には立たんが、非核3原則はどうでもいい。

  • 法律でも憲法でもないから、別に無視だね。あえて言おう、ゆとりお疲れ。

  • 自衛力を持って独立国となるか、アメリカの属領となるかの選択だろ?いまのところグレーになってるだけでさ。いづれ選択する時が来るよ。

  • 固辞・・・か、きっと固持なんだろうね

  • 誤字はまぁよいとして、日本が核を保有しないことが誰を喜ばせているかを少しは考えてみた方がよい。「被爆国として」なる理由もナンセンス

  • 仕方ないときもあると思うよ。状況にあわせて

  • 誤字が訂正されてても非核三原則なんか要らない。

  • 非核の根拠が単なる口約束とはこれいかに

  • 自分が死んだ後のことくらい、その頃の世代に決めさせてやれば良いと思っておりますので、未来永劫という箇所に賛同できないかな。

  • 一字違うだけで真逆の意味になるんですね

  • 永劫とはいえない。そこまではわからない。でも、容易に手放す制度ではないとも思っている。

  • もうメタルギアは開発されてるよ☆

  • それは思考停止というやつです。持たずに済むように努力していくべきとは思う。

  • 傍からみればイカサマにしか見えんだろうからなあ。それを固持し続けるのはどうだろうか。

  • 固辞か固持かはこの際置いといて、そんなもんする必要はない。舐められる。悔しないんか?

  • 固辞はいかんな

  • 始めから骨抜きだったらしいから、固辞し続けてるようなもんだけど。

  • わざとじゃないなら、訂正依頼出せますよ。

  • お願いですからSM-3やPAC-3等の弾道ミサイル防衛システムまで核扱いするのはやめてください。 

  • 固辞したらまずかっぺ

  • 断固固辞?ちょっとは受け入れても良いんでない?

  • 固持として、まず他の国の全ての核を取り除けたらね

  • もし、日本以外の全ての国が核を所持し始めれば、日本がその危機に晒される。それなら核制止論として持つのもあり。もちろん、今現在は持つべきではないが臨機応変が大事。

  • 固辞しちゃうのかよ!

  • 未来永劫……。日本という国がなくなって結果的に実現できるかもしれませんね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
もう10000日生きた。 << prev
next >> 教職に就く者は、聖職という意識をもっと...