ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「父親(母親)と声が似てる」と言われる << prev
next >> 地獄通信

公務員は何をやってもマスコミに叩かれる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 高給取りのマスコミが庶民の味方ヅラするなよとは思うが

  • マスゴミは公務員と自社に広告出さない企業と医者をたたければそれでいいとでも思ってる。あいつらはゴミ

  • ある意味その精神的なダメージを考慮した上での安定した収入なのだと自己暗示したほうがいいのかもしれないね。

  • それを見て喜ぶ人が多い、というコトでもあるやね。まあ、問題起こし過ぎだとも思うけれども。

  • 何だこの宣伝まみれのコトは。主題については○

  • マスコミが騒ぎすぎ、ごく一部の不良公務員の為に気の毒に思う

  • マスコミも民間で視聴率命。ごく一部の公務員の問題も一くくりに「公務員」とし容赦なく叩くので、深い考えの無い人たちが鵜呑みにしてしまう。民間の方が優遇されてることもあるのに(景気の良い時はダントツに)一切触れないし、偏ってる。

  • マスコミの飯の種だからしょうがない

  • 公務員叩き、便乗犯らしき人々も居るから困るね。身分の上下を問わず公務員には所々でアホがいるらしいけど、真面目に働いてる人々の事も考えて欲しいもの。 / まさか、まさか公務員が皆不祥事起こしてるなんて馬鹿な考えは無いですよね

  • 町長がやったことなのに、新聞で親父が悪者にされてたな。

  • 面白おかしく叩けば、喜ぶものと消費者をバカにしている限り延々と続く

  • 民間の感覚がないから、仕方がない部分もあるんでねェの?助長はよくねェけど。

  • 悪事千里を走り善行門を出ず。を、助長してますからねぇ。

  • 何しても、と言うわけではないと思うけど、その傾向はありそう。

  • だろうな。

  • 確かに、ほめる記事も書けよって思う。

  • 責任者が責任取ればいいだけのことなのに、それを怠るから。

  • 叩きやすいから叩くの。真面目に働いていれば文句は言われないっしょ

  • 原因を作るからなんだけどね。プロ意識の無い人が多すぎる。

  • まぁ本当にアレなときもあるけど

  • 何をやってもは言い過ぎかもしれないが、確かに不当に叩かれていると思う。

  • 問題なのは倫理観に欠けたごく一部なのだろうに。マスコミの報道を見ていると全部おかしく見えてきて、それは偏っているのでは?と思う。

×
  • マスコミではなく一般大衆。犯罪等著しく問題が生じさせたりしない限りは解雇されず、終身雇用が保障されている公務員をやっかみで叩いているだけ。背景にあるのは民間企業で終身雇用が崩壊したことによる民間企業の労働者の不満です。公務員が厚遇されているのではなく、民間企業の労働者の待遇が悪化していることに気づくべきです。

  • 倫理観に欠けたごく一部でもいることがおかしい・・・

  • そもそも古今東西公務員が叩かれるのは当たり前のこと。日の丸背負ってる分、多少強い責任を負ってるってだけのことだ。官僚制度には原理的に自浄作用がない(それは政治が負う責任)ことを考えれば、多少それを代替してるともいえる。

  • 普通に仕事してるだけなら誰も叩かないと思うよ。

  • いけないことしたら誰だって叩かれるよ?

  • 良いことをすれば誰も叩かない。

  • いいことすればたたかれない

  • マスコミが悪い面しか見せないだけ

  • 普通に仕事してればいいと思う

  • 公務員でなくても叩かれる

  • ていうか、そんなこと言うならなってみればっていうのもあるね。 だって公務員って安定してるし

  • 質問の仕方おかしくね?叩かれてるの一部だろ?そりゃ馬鹿な公務員は叩かれるよ。

  • 良いことをすればたたかれないだろ

  • 真面目に仕事したらどうかね?

  • 世間の偏った雰囲気のせいでしょ。何に関しても。

  • マスコミも叩き過ぎだと叩かれる

  • 叩かれることするから

  • 叩きすぎだとか、お前が言うなとかは思うけど

  • 勘違いも甚だしいです。ただ、マスコミの体質がおかしいという点を汲み取れば気持ちは分からなくもないです。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「父親(母親)と声が似てる」と言われる << prev
next >> 地獄通信